自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

どうしても無理をしてしまう理由とは

今日は久々に丸一日予定のない日でした。

やっぱりたまに長い時間一人で外出するとホッとするというかリラックスできます。

いつもは一日に一回は両親と一緒に外出しているという感じなので。

 

行きつけのカフェに行ってモーニングを注文して少し長居をしていました。

するとマスターが「コーヒーのお代わりをどうぞ」と言ってサービスしてくれたのです。

人に優しくしてもらったのが久々な気がして何だか泣けてきました・・・。

 

やっぱり最近無理をしていたのだと思います。

家の用事もアルバイトも完璧にこなそうとしていたんです。

つい自分のキャパシティ以上に頑張ってしまうクセがあって、人から頼まれたことは何でもやり切らないと気が済まないというか。

自分の限界が分からないんでしょうね。

 

ただ、そうやって頑張って自分の価値を高めようとしていた気がしていて。

結局自分に自信がないから無理をしないといけないと思っているんです。

正社員で働いていた時も職場では「何でも頼んだらやってくれる人」みたいな便利屋になっていました。

もちろんそういう存在は貴重なんですけど、やりたくてやっていたわけではないというか。

自己否定感が根底にあると何をやっても「やらされている感」を感じるというか。

 

結論としては好きなこと、やりたいことをやりましょうという所に行き着くんです。

自分としてはやりたいことが何なのか分かっているんです。

なぜやらないのかというと「自分には出来ない」とやる前から決めつけているからです。

誰かにそう言われたわけでもないのに。

 

どうして毎週欠かさずにサッカーを視聴しているのかというと、選手たちがサッカーをしてイキイキしている様子を見るのが好きなんです。

監督やコーチ、スタッフ、マスコット、サポーター、みんな好きなことをしていて楽しそうなんです。

でも監督はすごく重い責任があって大変な仕事です。

ただ「好きなサッカーに携われる喜びがあるからこそ続けられる」と、ある監督のインタビュー記事を読んでいたらそう言っておられました。

 

サッカーに関わっている方々が羨ましいんです。

でも羨む側にいるんじゃなくて自分も好きなことをやればいいんですよ。

出来ないなんて勝手に思い込んでいるだけなんですから。

この「心のブレーキ」を外すためには課題が山積みですけどね。

まずその課題を明確にして一つ一つに向き合っていくことから始めてみます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

チャレンジすることに意義がある

今日は朝から新しいカフェに行ってみました。

先日、食べログで見つけて良さそうなだと思いまして。

 

車で行って駐車場にとめて外観を見た瞬間に「ん?」と何となく違和感を感じました。

カフェ好きな人間の動物的な勘です。

でもとりあえず入ってみました。

 

モーニングセットを注文しました。

そして料理とコーヒーが運ばれてきて食べてみると。

・・・オムレツが塩辛くて。

トーストが分厚すぎる上に美味しくなくて。

コーヒーも味が薄かったんです。

外観を見た時の違和感が的中しました。

食べログで写真を見ただけでは料理の味までは分からないですからね。

 

気に入っているカフェが八軒あるのですが、いつものカフェがいかに素晴らしいか痛感しました。

そして素敵なカフェというのは失敗を繰り返した先に出会うものなんですよね。

失敗ではなくチャレンジといいますか。

どんな場所でも画像や映像で見て想像しているだけでは実際のところは分かりません。

数年前にアメリカのグランドキャニオンに行ったのですが、写真で見るのとは比べものにならないほどの壮大な風景に心から感動しました。

逆に、行ったことはないですがシンガポールのマーライオンが想像とは違ってがっかりしたと知り合いが言っていましたし。

 

カフェだけじゃなくて、どんなことでもトライアンドエラーの繰り返しだと思います。

何でも挑戦することに意義があると感じています。

そもそも「セミリタイア」という人生の大きなチャレンジをしたことは、自分にとって最大のファインプレーでした。

未だに迷いまくって悩んでいますけど、それは生きているからこそですし良いものをプラスしていきたいという前向きな思考の表れでもあります。

 

ちなみに今まで個人経営のカフェには百軒くらい行っていると思います。

その中で素敵な八軒に出会えたということは確率的に高いのかどうか。

 

平日朝早い時間帯の郊外のスターバックスに行けばまず間違いなく心地よく過ごせるんですけどね。

でもやっぱり個人経営の店主の方の個性を感じられるカフェに行くのが好きなんです。

それに悲しいことに閉店したり営業時間が変わったりと、ずっと変わらずお店に通い続けるのは簡単ではありません。

そして新たな良いカフェに出会えた時の感動を味わった瞬間は心から充実感を感じますし。

 

これからも心地よいカフェを探す旅は続きます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク