読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

時間はすぐに過ぎ去ってしまうけれど

働いていた時は、仕事中の時間の経過がとにかく遅くて頻繁に時計を見ていました。

先月から働かない生活になって、一日が一週間が尋常じゃないくらい早く過ぎ去ってしまうことに驚いています。

 

そこで毎日何をするか事細かに時間割を作ってみました。

何時に図書館とスーパーに行って、何時に掃除をしてブログを更新して・・・など。

でも決められた通りに動くロボットみたいで、その時に何がしたいと思っているのかを考えなくなったのです。

 

せっかく自由な時間を手に入れたのに自身で制約を課している気持ちになりました。

それに時間に追われている感覚になり「忙しい」と感じるようになったのです。

心に余裕がないとスーパーでレジに並んでいる時に横の列の方が進み具合が早かったりするとそれだけで腹が立ってしまいます。

 

そこでとりあえず数日前からその瞬間に行きたい所に行って、やりたいことをやってみたら心がスッと軽くなりました。

 

もちろん時間には限りがありますし、自分に残された時間が少ないと感じたからこそ仕事を辞めたという経緯もあります。

でも予定をこなすことに必死になって今この瞬間にどう感じるのかを無視してしまうと自分が本当に望んでいることが分からなくなります。

効率を重視してしまうと人の心だけが置いてけぼりになってしまう気がします。

 

ただ時間と心に余裕を持つこととダラダラ過ごすことの違いが難しいですけどね。

要は充実した気持ちになれているかどうかですが、それも曖昧な基準です。

ダラダラしたらいけないわけでもありませんし。

 

結局は自分がその時にやりたいことをやればいいという当たり前のことに気づくのです。

どんなことも結論は至ってシンプルなのに、そこに到達する過程で自分で色々ややこしく考えてしまいます。

でも一筋縄でいかないのが人間の興味深いところなのかな、と思ったり。

 

一日が24時間というのは世の中の人全てに平等に与えられているんですよね。

時間の使い方は人それぞれですが、焦ったり急ぐことはしたくないです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

にほんブログ村

自分がダメだと自覚しているからこそ頑張れる

先週旅行に行っていたのですが交通手段は夜行バスにしました。

夜行バスが好きな方もいると思うのですが、私はバスの中では熟睡できません。

そもそも音や揺れに敏感なので向いていないのです。

それが分かっているにも関わらず、なぜ夜行バスにしたかというと「安い」からです。

 

もちろん他の交通手段を使うという選択肢もありました。

でも夜行バスは往復で一万円安かったのです。

案の定、現地に着いたら眠いし体のあちこちが痛いし尋常じゃないくらいしんどくて観光は全然できませんでした。

 

今後は「安い」という基準で判断するのを止めようと固く決心したにも関わらず、どうしても今までの抑圧の習慣から抜け出せないんですよね。

同じ失敗を何度も繰り返して自分ってダメだなとまた落ち込みました。

でも「ダメだ」と自覚しているからこそ頑張れるということもあります。

 

セミリタイアしたのだからのんびりした生活をすればいいのであって、頑張る必要なんてないという考え方もあると思います。

でも私は頑張らずに気を抜くとすぐに気分が暗くなります。

長年落ち込んでいる時間の方が長かったので、意識的に自分でモチベーションを上げないと能動的になれないのです。

たまに一日中テレビを見るかネットサーフィンかどちらかしかしていない日があるのですが、逆にその状態だとものすごく疲れます。

 

それにやりたいことの実現にはある程度の頑張りも必要です。

でもその頑張りに対しては辛さはなく、むしろ楽しいことの方が多いです。

今のところ全然うまくいってないのですが、それでもどうしたら良くなるだろうと考えているだけで充実感を感じます。

 

仮に何もかもがうまくいってしまったら私の性格だと慢心して調子に乗ると思います。

より良く過ごすために何をしたらいいか考えて実行しているのが楽しいです。

でもうまくいかなさすぎて苛立つこともありますが。

 

ただ「もっと、もっと」と無いものねだりをすると違う方向にいってしまいます。

より良くなりたいという気持ちと、自分に必要でないものまで欲しがる気持ちとの境目が難しいですね。

そうなると本当に必要なものを取捨選択する冷静な判断が求められます。

その判断能力は、なるべく心地よい時間を長く過ごすことによって徐々に身についていくものだと思います。

 

ですが、やっぱり同じ失敗を何度も繰り返すのはいい加減やめたいです。

それでもダメだからこそ沢山の伸びしろがある・・・と思えたらいいですけどね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

にほんブログ村

移住ではなくデュアルライフという選択肢もある

先週もまた仙台に行っていました。

やっぱり仙台に行くと毎回移住したい気持ちが強くなります。

でも今は無理なんです。

一緒に住んでいる両親は介護が必要というわけでもないのですが、どうしても実家を出るという決断はできません。

それに両親は地元が気に入っているので、皆で移住しようと言っても反対されると思いますし。

 

先日ネットサーフィンをしていたら「デュアルライフ」という言葉を目にしました。

「デュアルライフ」とは二ヶ所以上に拠点を持つ生活という意味だそうです。

私の場合にあてはめると、完全に移住するのではなく今住んでいる地元と仙台を、どちらも自分の拠点として考えるということですね。

 

でも現状は金銭的な問題で仙台で賃貸アパートを借りる余裕はありません。

今まで通りビジネスホテルに泊まることに変わりはありません。

でも心の中で勝手に仙台も自分の拠点だと考えることで「デュアルライフ」をしているつもりになれます。

 

これまでに10回以上仙台でサッカー観戦をしましたが、いつも自分は「よそ者」だという意識が強かったのです。

仙台出身ではないし、学校に通っていたわけでもなく働いていたわけでもなく縁もゆかりもない人間だと思っていました。

でも仙台が自分の拠点だと考えることによって少しは「よそ者」意識が薄れるような気がします。

 

いずれは地元と仙台をもっと頻繁に往復する生活をするのが理想です。

それと全国のJリーグチームのホームスタジアムの全てに行きたいという夢もあります。

ちなみに全部で54ヶ所あります。

さらに、イタリアやドイツ、イングランドで日本人選手が活躍する試合も観たいですし、いつかワールドカップも観に行きたいです。

 

ただ、デュアルライフと頻繁に旅に出る生活はものすごくコストがかかります。 

夢ばかり膨らんで肝心の先立つものがないんですよね。

まあ夢を思い描くのは自由なので、あとは実現に向けて少しずつ頑張りたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村