読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

お金に振り回されすぎていた

いつもお昼休憩は職場の人たちと一緒にお弁当を食べているのですが、今日は残業をどれくらいしているかという話になりました。

多い人で毎日21時くらいまで残っているそうです。

その人は通勤に一時間かかっているらしいので家に帰ったら22時頃だと思われます。

疲れてしんどいけど稼ぎたいから残業しているのだと言っていました。

 

ほとんどの人がより多くのお金を得たいと思っているような気がします。

美味しいものを食べに行ったり、旅行に行ったり、好きな物を買うにはお金が必要です。

 

私も日々お金のことばかり考えています。

でも最近、お金に振り回されすぎている状況は何か違うのではないかと思い始めています。

 

今は実家に住んでいて親に養ってもらっている状態で生活費の心配はありません。

ただ、親も高齢なのでいつ居なくなるか分かりません。

一人になったらもちろん生活費は必要になりますし、潤沢な資産があるわけではないので悠長なことは言ってられません。

 

でもそんなに心配しないといけないほど多くのお金が必要なのかなと思います。

昨年日雇いバイトをしていたのですが毎日たくさんの求人がありました。

こんなに働き口があるんだったらどうにかして生きていけるなと感じました。

 

もちろんいつまで健康でいられるか分かりませんし多くの資産があった方が安心なのは確かです。

 

でもお金を稼ぐことに躍起になるのではなく、まずは自分の本当にやりたいことをやるのが大事だと思います。

何の為に生きているのかというと、好きなことや楽しいことをする為なんですよね。

お金の為だけに生きているわけではありません。

 

ただ現実に生活していかなければいけませんし、お金の大切さも重々分かっています。

だからこそバランスが難しいのですが。

 

私はお金の事を過剰に心配しすぎていたので、しばらくは少し肩の力を抜いて好きなこと、やりたいことをやる方向に進んでいきたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

時には立ち止まることも必要

今月に入ってから、職場では繁忙度が更に高まって殺伐感がピークに差し掛かっています。

皆相当疲れていて雰囲気もどんよりしています。

 

ふと何で私はこの会社で働いているんだろうと考えてみると、自身に嘘をつき続けているから色んなことが上手くいかないんだろうなと思いました。

職場の暗い空気を感じていると、私の心の中そのものが目の前に体現されているような気がしてなりません。

 

以前は正社員の仕事を辞めてセミリタイアしたら自動的に幸せになれると思っていましたが、そんなことはありませんでした。

心の奥底に自己否定する気持ち根強く居座っていて、それが現実に起こることに対して違和感ばかり感じる要因になっている気がします。

 

一応自分なりに日々頑張っているつもりなんですが、やっぱり「ダメな人間だ」という思いから抜け出せないんです。

長年の積み重ねでこういう思考になったので、たった一年くらいで急に自分を肯定することはできないのかもしれません。

 

でも日々自分を楽しませたり喜ばせたりすることは引き続きやっていくつもりです。

最近は欲しい物を買ったり食べたい物を食べるようにしています。

そんなことは当たり前なのかもしれませんが、ちょっと前までの節約の鬼と化していた自分を振り返ると相当な進歩なのです。

 

今の派遣契約が終わったら、しばらくゆっくりして再度自分を見つめ直してみます。

昨年は職業訓練、日雇いバイト、派遣労働などをして当初の予定よりも動きすぎてしまいました。

もっとのんびりするつもりだったのに急に不安が押し寄せてきて何かしていないと落ち着かなかったのです。

でも本当の自分の願望を洗い出す為にも改めて考える時間が必要なのだと気づきました。

 

忙しくしていると本当に大切なものを忘れてしまいます。

時には立ち止まることも大事なのだと、つくづく感じる今日この頃です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

無職になる日が待ち遠しい

今の期間派遣の仕事はそろそろ終盤戦に差し掛かってきました。

と言ってもまだ先は長いと感じるのですが。

 

あと少しで終わると思う気持ちと、時間の経つのが遅いなと思う気持ちと。

契約満了後のことばかり考えています。

果たして今の仕事の全日程が終了したらどんなことを感じるのでしょうか。

 

前職を辞めた時は清々しい気持ちになりました。

でも仲の良かった女性の先輩がいて、その人と会えなくなると思うと寂しくもありました。

仲が良かったんだからプライベートでも会えばいいのでしょうけど、同じ会社という共通項を失うと話が合わなくなるだろうと感じていました。

 

今の派遣の仕事でも親しい同僚はいるものの、会えなくなってもそんなに寂しくないかもしれないと思っています。

たった数ヶ月間ですし職場に対して全く愛着はありません。

仕事の大変さは前職よりはマシなものの結構キツいです。

もちろん契約満了になったら嬉しいでしょうけど、おそらく色んな感情が絡み合った状態になるだろうと思うと楽しみではあります。

 

正直なところ一月くらいにもう辞めようと思っていました。

でも派遣契約というあくまで「契約」ですので途中で破棄するのは良くないと思い躊躇していました。

ただイヤなら無理する必要はないと感じていたのも事実です。

結局ずるずると辞める勇気が出ないまま今になってしまいましたが、晴れて無職になる日を思うとワクワクできているので良かったのではないでしょうか。

 

上司からは入力スピードを上げてミスも無いようにと言われていて「速さを追求したらミスするでしょ」と内心思いつつ自分のペースで何とかこなしています。

残業も毎日要請されるのですが、ひたすら断っています。

今の職場では会社や他人に合わせるのではなく自分をしっかり持ってブレないようにした方がいいということを学びました。

 

それにしても毎日契約満了までの出勤日数をカウントダウンしているのですがなかなか残日数が減りません。

いつもお昼休みに派遣仲間から「あと何日でしたっけ?」と聞かれて間髪入れずに即答して笑われています。

どんなに待ち遠しいんだよって感じですよね。

 

とにかく一日一日を積み重ねていくしかありませんね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村