自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

サイゼリヤでオフ会

先日オフ会に行ってきました。

メンバーは、プライアさん青スプさん、と私の三人です。

場所はオフ会ではお馴染みのサイゼリヤです。

 

ドリンクバーだけで長時間話し込んでいました。

後からお腹が空いたら何か料理を頼もうと言ってたのですが忘れていました。

 

話題の中心は投資についてでした。

青スプさんと私は始めたばかりの初心者なのでプライアさんに質問して教えてもらうといった感じで。

とても勉強になって、また頑張ろうという気になれました。

 

あとは今までの経歴とか、旅行の話とか。

私が旅行先でしかお酒を飲まないという話をしたら、酒飲みのお二人が飲む楽しさをアピールしてくれました。

ただ、飲むとすぐに顔が茹でダコのように真っ赤になるのが気になるので外では飲めません。

それと居酒屋などで飲むとそこから電車に乗って帰るのが億劫になりますし。

実家では飲む気になれないんですよね、なぜか。

だから旅行に行った時にホテルの部屋で飲んでいるんです。

うーん、飲酒家になる道は遠そうですね。

 

青スプさんが山登りが趣味だということで、山登りの楽しさも教えてもらいました。

私は山登りはしたことがありませんが、初心者でも可能な山なら登れそうな気がしました。

よく公園を散歩していて自然の中に居るのが好きなので、山好きになりそうな要素はあるかなと思いました。

 

オフ会は事前にメンバーのブログを読んでいる状態で会うことが多いので、既に人となりがある程度分かっていて気の合いそうな人たちが集まるので楽しいのかなと思います。

もちろん全く同じ考え方ではないので自分では気づかない指摘をしてもらえるのも有難いです。

やっぱり自分一人で考えたり本を読んでいても思考には限界があって、人と話すことで新たな発見をすることが多々あります。

 

今回は事前に質問事項を考えていたので大方満足のいく結果になりました。

前回までは後から聞きたいことがあったのに、といつも後悔していたんですよね。

その教訓を今回は生かせました。

 

いつもリタイアオフ会のメンバーは男性の方が多いのですが、今回は男性一人、女性二人という構成でした。

これもまた新鮮でした。

 

ということで今回も大満足のオフ会になりました!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

自分の感情に素直になってみる

昨日、職場でこれまで話したことのなかった人(仮にAさんとします)と会話をする機会がありました。

Aさんも私と同じ派遣ですが今の仕事を半年以上続けていて、仕事については「ラクだし、すぐに時間が経つ感覚だよ」と言っていて。

私も当初はラクだと思っていたのですが、季節的な問題なのか何なのか最近やけに疲れがひどくなってきています。

もちろんAさんがラクだと言っているからといって、私も同じように思う必要はなくて。

 

そしてふと、Aさんが本当に今の仕事に満足しているのかどうか疑問に思いました。

Aさんの表情から本心を読み取ろうとしましたが分かりませんでした。

少なくとも私自身は自然に湧き上がってくる感情に素直になろうと、なぜかその時に感じたんですよね。

 

実はやりたいことがあるのに現状で良しとしたくなくて。

確かに今は恵まれた環境で生活できています。

有難いと感じていますけど、それでもなお自分の理想を追いかけたいというか。

生活に窮しているわけでもなく、好きなことができる状況で我慢する理由がなくて。

 

やっぱり正直なところアルバイトに行くのは体力的にかなりしんどいのです・・・。

これはもう、どんなに仕事を楽しもうと努力しても揺るぎない事実なわけで。

それは素直に認めつつ、現状はアルバイトをするしか収入が得られないことも重々分かっています。

徐々にアルバイトする時間を減らして、いつかは働きに行かなくてもいい状態を作りたいというのが希望です。

簡単じゃないですけど最初からダメだと思ったらそこで終わりなので。

 

でもアルバイトをしていて良かったことも沢山あって、やっぱり色んな人と関わることは純粋に楽しいです。

良いことにも目を向けつつ、自分の本心を自覚することも大事だなと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク