自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

自分を一番分かっていないのは自分

今月からバイトの掛け持ちをしています。

週三日はA社、週一日はB社といった感じで、少し大変かもしれないけど何とかなるかなと安易に考えていたのですが。

やはり体力的に相当厳しいです。

 

時間的にゆとりを持ちたいと思っていたのに、お金欲しさにバイトを増やしてしまいました。

でもやっぱり後でお金よりも時間の方が大事だったのになと思い返しました。

何で自分の望むことと反対の方向に行ってしまうんですかね。

母に「バイトを増やそうと思うんだけど」と相談した時に「そんなの大変だから、やめたら?」と言ってくれたというのに。

結局自分を一番分かっていないのは自分なんですよね。

 

以前働かせてもらっていたバイト先から「繁忙期なのでまた来てもらえませんか」と連絡があって、それで無理してバイトを増やしてしまって。

さらに両親からの買物に付いてきて欲しいという要望や、その他様々な用事を頼まれると一切断らずに何でも要求に応えようとしてしまって。

他人を優先しすぎていたのかなと思います。

自分を大切にするという考えがすっぽり抜け落ちていました。

 

最近カフェに行ってゆっくりするということも全然していませんでした。

明日は休みなのでスタバにでも行こうかなと考えています。

美味しいコーヒーを飲みながらホッと一息つきたいです。

じっくり自分と向き合う時間って本当に必要だなと思います。

それは最優先したい時間なんですよね。

でも忙しいと真っ先に削ってしまう時間でもあるわけですが・・・。

 

とりあえず夏の旅行の交通手段と宿泊施設は既に予約済みで、それは今からとても楽しみです。

旅行に行くことを励みに何とか今月を乗り切りたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

自分の一番の応援者は自分

先日、母とテレビでプロ野球中継を観ていて、応援しているチームの選手がホームランを打ったので二人で拍手をして喜んでいました。

いつもサッカーやバレーボールは一人で観ているので、こうやって身近な人と共に同じチームを応援するって楽しいんだなと思いました。

 

中学生の時から野球、バスケットボール、バレーボールをテレビで観るようになり、それからずっとスポーツ観戦が一番の趣味なんです。

でも応援するということがなぜ楽しいのかというのは常々疑問でした。

必死に応援してもチームが試合に勝つとは限りません。

自分が勝敗に関与することができないので、もどかしい気持ちになることも多々あります。

それに勝利したところで目に見える利益を得られることもありません。

ただ「嬉しい」という気持ちは何物にも代えられない喜びなんですけどね。

 

好きなチームの選手がひたむきに頑張っている姿を見ると前向きな気持ちになれます。

今までどんなに大変なことがあっても、週末にスポーツ観戦することを楽しみにできていたからこそ元気にやってこれました。

ですのでスポーツの持つ影響力というのはとても大きいと感じます。

 

でもこれからは、もっと自分自身を応援することに注力していきたいと思っています。

自分の一番の応援者は自分自身でありたいのです。

人から応援してもらえるのも有難いのですが、結局は自分がいかに考えて努力して行動できるかが大事だと考えています。

 

今までは「自分なんてどうせ・・・」という考え方だったので、自分自身のことは諦めていました。

でも諦めていたらそこから前進することも成長することもありません。

可能性がある限り目標に向かって頑張る自分を応援していきたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク