読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

もう潮時だと思った

昨日は仕事初めでした。

職場の皆に「明けましておめでとうございます」と

挨拶するのもこれが最後だと思って感慨に耽っていました。

 

今の職場は一日8時間勤務なのですが

時間の経つのが遅すぎて驚きました。

 

年末年始休暇一週間を挟んだだけで

会社にいる時間の長さをすっかり忘れていました。

 

終業時間になり会社を出て、食料品の買物をして、家に帰ったら19時前で

夕飯を食べて、食後の休憩をして、お風呂に入って、スキンケアとボディケアをして

髪を乾かして、家の用事をして、さあ寝る時間!

 

自由時間が「食後の休憩時間」しかないです。

 

週末の休みも、土曜日は楽しいからいいとして

日曜日もお昼を過ぎたころから「明日から五日間会社だ~。ひえ~!!」と

恐れおののいている始末。

 

週に一日、土曜日しかリラックスできていないという。

 不健康だ、あまりにも不健康だ・・・。

 

私がマイナスにしか考えられないだけなんでしょうけど。

 

「仕事をするのは社会人の義務だ。仕事が生活の中心になるのは当たり前だ」

なんていう反論をされるのは承知ですが・・・。

 

「仕事=しんどいもの」という考え方を変えなければなりませんね。

私自身のマイナス思考がいけないんです。

分かっています。

仕事がしたくない、ただの怠け者だと言われても仕方ありません。

 

今まで何度も働かせて貰えることに感謝して、

これからも仕事を続けようと思いました。

それこそ何百回と。

ですが、そう思った時に限って良くない出来事が起こるのです。

まるで「仕事を続けるべきではない、辞めなさい」と言われているかのように。

そんなことが何度も何度も繰り返されて「ああ、もう潮時だな」と

年末に思いました。

 

潮時だと分かってからは、気分が爽快になり

これから手に入る自由を考えると嬉しくてたまりません。

でも、あともう少しで退職というこの「もう少し」が

果てしなく長いんですけどね・・・。