自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

人からの評価を得ようとすると、その先に待っているのは虚しさだけのような気がする

私は10年以上勤めた会社を退職して

半年くらいの無職期間を経た後、今の会社に転職しました。

 

前の会社を退職した理由の一つに

「フルタイムで働くのは体力的に限界だな。パートタイマーで働こう」

というものがありました。

 

ですが、半年の無職期間に

少しトラウマになるようなことがあり

ある一人の人に対して良くない感情が生まれました。

「あの人を見返したい」

とういうマイナスな思いを抱くようになりました。

 

そして、パートタイマーで働くという希望が

「正社員になる!」

という考えに変わり、それからは猛烈に転職活動を行うようになりました。

「私は自分自身を養える収入を得て、一生一人で生きていける力をつけたぞ」

と、その当時見返したかった人に言おうとしていたのでしょうか。

 

そして晴れて今の会社に採用して頂くことになり・・・。

 

人を見返すために自分の当初の希望をくつがえして

正社員になれたものの、後から考えると

「私パートタイマーで働きたかったんじゃないの?忘れてた・・・」

という感じでした。

 

「人を見返す」という負の原動力は

やはり良い方向に向かうことは少ないと思います。

 

今の私は、結果的に仕事で色々なことに遭遇して

逆に本来自分が望む方向性が分かりましたが。

 

そもそも今後その人に会うことは一生ないですし

私の存在自体忘れていると思います。

 

なので見返す必要など無かったのです。

 

ただ、その人に対してだけではなく

前の会社を退職するにあたって

周りの人たちに相談した際、反対意見が大半でした。

その反対した人たちを見返したい思いもありました。

 

「私、ちゃんと転職成功したよ!」

「すごいねえ、おめでとう、良かったね」

と賞賛されたかっただけでした。

 

面倒くさい人間で、構って欲しくて、

私はとても寂しかったんでしょうね(笑)

心が全然満たされていませんでした。

 

物事が自分の思い通りにいかず、

自分自身のことが嫌いで、人からの賞賛を浴びないと

自分の存在価値を確認できなかったのかもしれません。

 

今となっては、たった一年ちょっと前の自分なのに

本当にあれは自分だったのか信じられません(笑)

 

現在の私は物欲も少なく、あまり友人と会ったり連絡をとったりしておらず

休日も殆ど一人で行動しています。

 

人からの評価にも興味がなくなり、たとえ仕事で褒められたとしても

全く嬉しくなくなりました。

「逆に褒められると退職しにくくなるからやめて!」

と思います。

 

今は自分のことが大好き!というわけではありませんが

少なくとも自分で自分を否定するのはやめようと思いました。

 

人が私に対して辛くあたってくるのなら、

私だけは私の味方でいよう、というように。

 

他人からの評価を得ようと頑張るのは疲れますね。

自分で自分を認めてあげるのが一番かもしれないです。