自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

自分の夢だと思っているけど、それは本当に心から望んでいることですか?

私は中学生くらいの頃からずっと

将来はキャリアウーマンになりたいと思っていました。

元々結婚願望がほとんどなく、

仕事中心に生きていきたいという希望を持っていたのです。

 

ですが、幼い頃からおとなしい性格で

人と話すのがかなり苦手でした。

気も弱く、キャリアウーマンとは対極の人間でした。

 

それでも夢を諦めず持ち続けたものの、

学校の勉強もあまりできなかったので

偏差値の高い高校、大学に行くことができませんでした。

 

大学を卒業し、就職活動には苦労したものの

何とかある会社に入社できましたが、職種は事務職でした。

やはりキャリアウーマンとは程遠かったのです。

 

でも、それからも諦め切れず

転職を目論んでいました。

公務員試験を受けに行ったり、転職サイトに登録して

実際にアドバイザーさんと面談しましたが

実際に転職しようとすると不安が押し寄せて

なかなか変化する方向には向かえませんでした。

 

しかし、今となっては次の転職先も決まっていないのに

仕事を辞めてニートになろうとしています。

 

キャリアウーマンの夢はどこに行ったんだ??(笑)

 

仕事を生きがいにしたい、と思った理由は

「人から認められたい」という願望が強くあったからです。

彼氏もいなくて、すごく打ち込んでいる趣味があるわけでもなく

自分が生きている意味を見出せなかったのです。

だから「仕事のできる人間」として人から羨望の眼差しを

受けたかったのだと思います。

 

ですが、今は仕事を辞めてしばらくボーっとしたいというのが最大の目標です。

私の心の奥底の本音は、仕事なんてしたくなかったのです。

相当な無理を自分に強いていたのかもしれません。

 

世間の「キャリアウーマンはかっこいい」という風潮に踊らされて

「社会の役に立つ仕事をしなさい」

という一見真っ当そうなアドバイスを真に受けていました。

 

「人からの評価」を受けたくて、かっこつけたくて

自分が本来望む方とは正反対の方向に行こうとしていたなんて

本当に驚きです。

 

「自分らしさ」に気付くことができるかどうかが

幸せな状態に近づく第一歩なのかもしれませんね。

スポンサーリンク