自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

耐えた先には何があるのか

あともう少しで退職するということで

私は最近かなり感傷的になっていました。

でも、会社では毎日色々な案件が同時進行で動いていて

悲しんでいる場合ではないんですよね。

 

私はもう会社を辞めてしまうからこんなことを思うのかもしれませんが、

「何でそんな辛そうに働いているの?」

と様々な人を見ていて感じます。

 

昨年までの私自身が「辛そうに働いている人」の代表格で

仕事が大変で仕方なかったのですが

相当な我慢を自分に強いることが正しかったのかどうか分かりません。

 

辛い経験の中でこそ学ぶことがあると気付くことが出来たらいいですが、

ただ単に文句を言ったり愚痴ったりしていても

状況は永遠に好転しません。

 

現に、私は非常に愚痴っぽい人間なので

全く偉そうなことは言えないのですが。

 

「辛かったらいつでも仕事を辞めていいんだよ」

と色々な人に言いたいですが

各々の置かれている状況は全く異なりますので

安易なことはいえません。

 

でも、本当に辛いのに耐えて耐えて苦しんで、

という姿を見ていると・・・。

 

他人の人生に口は挟めませんが。

何だかもどかしいと思ったある冬の一日でした。

スポンサーリンク