読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

自分に向いている仕事に就ければ幸せなのかも

セミリタイア生活 考え方

私は今セミリタイア中なのですが、完全リタイアではない為

数ケ月後には勤めに出るつもりでいます。(おそらくパートで)

今考えると、そもそも働くこと自体がイヤだったわけではなく

ずっと自分に向いていない仕事に就いていたのかもしれないと思うようになりました。

 

私は新卒で入社した会社で、事務職をしていました。

その会社を十年以上勤めた後に退職し、途中少し違う職種にも就いたのですが

また別の会社で新たに事務職として働きました。

で、先月また退職したというわけなのです。

 

そもそも、私に「事務職」という仕事が合っていたのか疑っています。

世間的には事務職は人気職種で、ラクだと思われている気がします。

ですが、私の実感としては、それは職場に寄ると思います。

まあ当たり前なのですが。

 

新卒で入社した会社も、家から遠くて通勤が大変だったとか

上司とソリが合わなかったとか、自分自身はそういう理由で退職したつもりでいました。

 

あまり事務職に対する向き不向きは考えていなかったように思います。

 

そもそも、就職活動中に私は「事務職しかない」

と決めてつけていました。

理由は、周りの友人がほとんど事務職に就いていたからです。

今思えば安易以外の何物でもないですね。

よく就職活動の際に行う「自己分析」を私はしていませんでした。

 

思い出してみると、友人で「プログラマー」になるという人がいて

羨ましく思っていました。

ただ、私は文系だし難しそうだから無理だな、とすぐに諦めてしまいました。

失敗を恐れて安全な(と当時は思い込んでいた)道を選びました。

 

結果的に、二社で事務職に就いたものの退職してしまって

自分が安全だと思っていた道は失敗だったのです。

 

考えてみたら、失敗しても命をとられるわけではないので

転職すればいいだけなのです。

ですが、新卒の頃は一度入社した会社は辞めてはいけないと思っていて

死語になりつつある「終身雇用」を信じていたのかもしれません。

 

とにかく、常に目に見えない恐怖に怯えていたような気がします。

失敗したくない、安全な所に居続けたい、道を踏み外したくない。

 

もう恐れるのはやめにします。

本当に自分に向いている仕事に就こうと思います。

「向いていること」を探し当てるのは大変ですが、頑張ってみます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村