読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

親孝行とは何をしたらいいんだろう

考え方 人生

私は独身で、実家で両親と一緒に住んでいます。

一人暮らしをするよりは相当低いコストで生活できています。

 

有難い状態であることは承知しているつもりですが

家族でありながらも別の個性を持った人間同士ですので

色々な場面で意見が食い違うことがあります。

 

そういう場面で、未熟な私はすぐに機嫌が悪くなってしまいます・・・。

 

毎朝公園を散歩している時や、カフェに居る時は

「親は有り難いなあ」などと思って、日記にも書いたりしているのですが

家に帰るとそういう謙虚な気持ちを忘れて苛立ってしてしまうのです。

 

そもそも、両親が産んでくれたお陰で今私がここに存在できています。

サッカーの試合を観て感動したり、美味しいご飯を食べて喜んだり

イケメンの俳優さんをテレビで観てときめいたり。

こういう楽しい経験ができるのは、親が育ててくれたからです。

 

そういう恩を忘れて、親に偉そうな態度を取るなんて

もってのほかなんですよね・・・。

 

今の私は独身ですが、自分が子を持つ親になったと仮定して

もちろん子供には幸せになって欲しいと思います。

では、幸せとはどういう状態でしょうか?

 

小さい頃から学校の成績が良くて、運動神経も良くて

偏差値の高い学校に行って、大企業に就職して

働いている会社で優しい恋人ができ、結婚して、可愛い子供を授かる・・・。

こういう人生が理想なのかもしれません。

でも、このような理想の人生を子供が送っていたとしても

常に不機嫌で、暗い表情しかしない状態だとしたらどうでしょうか?

 

子供の学校の成績が悪くても、偏差値の高い学校に行けなくても

収入があんまりなくても、独身でも

いつも笑顔で幸せそうにしてくれている方が私が親なら嬉しいです。

 

私はずっと親孝行をしたいと思っていて、

やっぱり結婚して孫の顔を親に見せるのが一番いいのだろうか

と考えたこともありました。

でも、親は一度も「孫の顔を見せて欲しい」と言ったことはありません。

私が勝手に思い込んでいただけなのかもしれません。

 

それよりも、私が毎日笑顔で居るほうが

両親が喜んでくれているような気がするのです。

常に子供が機嫌良く居ることが、親孝行なのではないでしょうか。

 

30代の私だっていつ死ぬか分かりません。

両親は私の倍くらいの年齢です。

限られた時間の中で、家族みんなで楽しい時間を過ごしていきたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村