読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

「辞めたいんだったら辞めれば」なんて簡単には言えない

考え方 人生

今日は久しぶりに友人とランチに行きました。

 

友人は最近仕事が忙しく、上司のこともイヤになって

会社を辞めたいと言っていました。

相当参っているようでした。

 

私はずっと友人の話を聞いていたのですが

もちろんアドバイスなどできるわけもなく

相槌を打つのみでした。

 

私自身は先月会社をイヤになって辞めたので

本当は友人に「辞めたいんだったら辞めればいいじゃない」

と言いたくなりました。

でも、私と友人は立場も考え方も違うので

簡単にそんなことは言えませんでした。

 

ただ、会社を辞めたいのであれば辞めるしか解決法はないと思います。

愚痴を言ってすっきりするという人であれば

ひたすら言えばいいです。

でも私自身は人に愚痴を言うと後で自己嫌悪に陥ってしまうタイプでした。

 

「会社を辞めたい、でも辞められない」

というのは、昨年私がずっと悩んでいたことなので気持ちはよく分かります。

実際、私は退職して毎日の生活がとても楽しくなりました。

でも全ての人が退職して楽しくなるとも限りません。

 

私と友人は仲は良いのですが、価値観はかなり違います。

そもそも私のミニマリスト的感覚も理解してもらっていません。

そんな状態で差し出がましく

「物欲を少なくして、出費を抑えて、貯金をして会社を辞めたらいいよ」

とは言えません。

私は自分の考えを人に勧めたいのですが

明らかに共感を得られないであろう人には勧められません。

 

私も昨年会社を辞めようかどうか相当迷いましたが

なぜ決断したかというと、辛いことを我慢しすぎて

健康が損なわれそうなギリギリのラインを超えそうだと思ったので

腹を括ることにしました。

 

友人には幸せになって欲しいので、非常にもどかしいですが

黙って見守るしかないですね・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村