自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

好みが変わって考え方にも変化があった

先月に勤めていた会社を退職してから

自分自身を良い方向に変化させようとしてきたのですが

その過程で自然に「好み」が変わってきました。

何の好みかというと、男性の好みです。

 

実際は彼氏はいなくて、欲しいという願望も薄いのですが

好きな俳優やスポーツ選手は常にいます。

有名人に一方的に憧れているという状態はラクで楽しいです。

 

今までは、かっこ良くて、華やかで、少し軽い感じの人が

好きでした。

現在は笑顔が素敵で朴訥な人を気に入るようになりました。

 

好みというのはその時の心の状態を反映する気がします。

 

有名人でこちらが一方的に気に入っているだけなので

どんな人を好きになろうが自由なのですが

私自身は地味な雰囲気の人間なので

華やかで軽い感じの男性とは釣り合いません。

 

以前は自分とは程遠いかっこいい男性を眺めて

現実逃避をしていたのかもしれません。

 

今は優しそうで素朴な男性を見ているだけで

穏やかな気持ちになれます。

 

最近、ある有名人を新たに気に入るようになったのですが

仮にその人と現実に知り合いになったとして

果たして今の私がその人と友人関係になれるだろうか、と考えてみました。

(あくまで妄想の話です・・・)

 

友人になるのも、誰だって気に入らない人と仲良くなろうとは思いません。

他人から見た自分はどうなのか、と冷静に考えた場合

ちょっとマズいんじゃないかと思ったのです。

 

節約のしすぎで着ている洋服は古いですし(洗濯はマメにしています)

髪も美容院代が勿体ない為に伸びたままですし。

大してお化粧もしていませんし。

 

不潔にしているわけではないのですが

節約に必死になりすぎて、私は貧乏くさいのかもしれないと思いました。

 

出費を抑えつつも、綺麗になりたいということを両立させるのは難易度が高いのですが

この難しいことにチャレンジするのが面白いとも言えます。

やはり服飾費や美容費の出費はある程度やむを得ないのかもしれません。

もちろん出費が高額にならないようによく考えないといけませんが。

 

外見だけではなく内面も、他の人から友人になってもいいと

思ってもらえる人間になりたいと思いました。

いつも笑顔でいる、前向きな言葉をつかう、というようなことですね。

 

ただ有名人を新たに気に入ったというだけで

色々なことを考えてみました。

やっぱり人を好きになるのはすごく楽しくて

大げさですが新しい世界が広がるのだと改めて思いました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク