自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

転職しようと悩んでいた日々を思い出す

今日はずっと年賀状の整理をしていました。

新卒で入社して数年前に退職した会社の、当時の先輩や同僚からもらった年賀状を見て

懐かしい気持ちになりました。

 

当時、新卒で入社して数日で

「この会社は私に合っていないのかも」と違和感を感じ始めました。

ですが、もちろんすぐに退職するなどという考えは一切ありませんでした。

よほどのことがない限り、一旦入社した会社は簡単に辞めてはいけないと

思い込んでいました。

 

ただ、何年経っても会社や自分の仕事に対する違和感は拭えませんでした。

心に引っ掛かりを感じながら10年以上も勤め続けたのはなぜだったのでしょうか。

 

結婚や、出産、やりたいことがあって転職するという明確な理由が無いと

退職してはいけないと決めつけていました。

家族や友人に説明して納得してもらえる理由がないと反対されると思ったのです。

自分の気持ちを押し殺して周りの反応を気にしすぎていましたね。

 

ですが、どうしても耐えられなくて次の転職先を決めてから辞めようと

色々な道を模索していました。

 

資格を取得しようと思い立ち資格の学校へ資料請求をしましたが

「会社帰りに週に三回も学校に通うのはしんどいな」

と思い、その資格を取得するのを諦めたこともありました。

そもそも資格を取る気がないから学校に通うのがしんどいなどと

理由をつけていただけでした。

 

転職エージェントに登録して実際に面談を受けたりもしていました。

ですが、私の担当になってくれた方がなぜか上から目線で(笑)

会うのが億劫になり足が遠のきました・・・。

 

いくら、どんなに考えても本当に自分のやりたいことが思い浮かばなかったのです。

今なら自分のやりたいことが分かるのですが

なぜ当時は自分自身のことなのに分からなかったのでしょうか。

 

マイナスな思考に囚われていると前向きな願望が生まれにくいのかもしれません。

 

ただ、あの悩みまくった時期があったからこそ

今の自分があるのだと思っています。

心から自分が望んでいることがやっと明確になりました。

 

新卒で入社した会社からは10年以上お給料を頂くことができました。

先輩や同僚にもすごく親切にしてもらいました。

感謝の気持ちしかないです。

 

あの時の自分に「数年後に私はセミリタイアしたんだよ」と教えてあげたら

驚くと思います。

人生何がどうなるか分からないですね。

だからこそ面白いのかもしれません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク