自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

昔の友人との関係を維持するのは難しい

今日も朝からカフェに行っていまして

車で帰ってきて駐車場で車庫入れをしている時にふと見ると

遠くの方に地元の友人が歩いているのを見つけました。

 

その友人(女性です)は近所に住んでいて

公務員として働いていて結婚して幼い娘さんがいます。

今日は平日だったので、おそらくまだ育児休業中だと思われます。

 

友人は遠くの方で歩いていたので

私に気づくことはありませんでした。

地元の友人には私が退職したことは言っていないので

何となく顔を合わせづらいのが本音です。

 

別にコソコソする必要もないのですが

普通に学校を卒業してからずっと同じ職場で勤務し続けている友人が多く

30代後半でセミリタイアをしました、と言っても

理解してもらうのは難しいだろうと思います。

 

以前、新卒で10年以上働いた会社を退職するとある友人に報告した際

全力で反対されまして、当時未熟だった私はその友人に食ってかかってしまいました。

あの時は若かったんですね・・・。

 

友人に共感してもらおうとは思っていませんが

立場が変わると関係性を継続するのは難しいのかもしれません。

 

ただ、後ろめたい気持ちはないはずなのに

堂々と友人に会えないというのは何なのでしょうね。

 

友人を羨ましがっているわけではありません。

別の人生なので違っていて当然だと思っています。

 

ただ、私の中でまだ確固たる自信が持てていないような気がします。

今は求職中(パート希望です)で、もし仕事が決まらなかったら

約二ヶ月後から雇用保険を受給する予定になっています。

そういった中で自分の方向性が定まっていないのでまだ曖昧な状態にいます。

 

ですが、この曖昧な状態でも

毎日好きなことをして過ごせているので焦ってはいません。

たまに虫の居所が悪くなって、やるせない気持ちになることもありますが

あくまで「たまに」です。

 

やっぱり「会社員として定年まで勤め上げるべきだ」と信じていた昔の自分から

今は「セミリタイアをして毎日楽しく生活しよう」という考え方に変わったので

自分が変化するとおのずと以前の友人関係を維持するのは

難しくなってしまう気がします。

 

今後は色々な出会いがあると思うので

昔の友人と疎遠になるのはやむを得ないと思います。

これからの新たな出会いに期待したいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク