読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

生きがいがないといけないと思っていた

先日、部屋の片づけをしていた時に一枚の紙が出てきました。

二年くらい前、新卒で10年以上勤めていた会社を辞めたいと思っていた時に

「現状の問題点」と題して箇条書きに記したものを見つけました。

その中に「生きがいがない」と書いてありました。

そんなことを書いていた自分に驚いてしまいました。

 

当時は、仕事が出来て出世している人や

幸せな結婚をしている友人を羨んでいました。

「生きがいがある」という状態は、充実した仕事や幸せな家族(配偶者や子供)を

手に入れた人のことを言うのだと勝手に解釈していました。

そして、自分にはそんなやりがいのある仕事も

温かい家族も一生持てないと思っていました。

 

今の私は自ら仕事も辞めてしまって、結婚もしたいと思わなくなりました。

元々、以前から結婚願望はなかったはずなのですが

結婚している人を羨んでいた心理は何なのでしょうか。

ただの「やっかみ」だったのかもしれません(笑)

 

最近は自分に生きがいがあるかどうかなんて考えなくなりました。

生きがいが必要だとも思いません。

 

今は毎日やりたいことができて楽しく過ごせているので、それ以上のことは望まなくなりました。

もちろん虫の居所が悪くなるような出来事もありますが、以前に比べてイラッとすることは激減しました。

 

深く考えずに日々ゆるく過ごすのが自分には合っているような気がします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村