読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

自分が心から望むことを知るのは難しい

人生 考え方

先日ディスカウントショップに行こうと車を走らせていたところ、今年の二月まで勤めていた会社の前を通りふと当時のことを思い出しました。

忙しい職場で大変だったと今では懐かしさしかありませんが、やはり大変な状況を自ら招いてしまっていたなと退職直後には反省していました。

 

そもそも当時前職の面接に行った時点で何となく違和感があったのに、十数社の面接を受けて落ちまくっていた私は、とにかく入社させてもらえるなら何処でもいいと思っていました。

入社してからも何となく雰囲気が自分に合っていないことを感じていたのに、せっかく採用してもらったんだしすぐに辞めたら周りの人に申し訳ないという気持ちがありました。

 

このまま勤め続けるのが自分にとって良いのか悪いのか、その判断が出来ずにいました。

仕事はどんどん忙しくなり手に負えなくなり・・・。

 

やっぱり苦しい状況に置かれるということは、どこかにズレが生じているということなんですね。

それなのに「辞めたらいけない、会社のみんなに悪い、両親も哀しむ」と周りの人のことばかり気にして自分の気持ちをないがしろにしていました。

 

自分がどうしたいか分からなかったのか、会社を辞めたかったのに本心に蓋をしていたのか、この両方が混在している状態でしたね。

 

仕事でもプライベートでも、何か引っ掛かりがあったり深い悩みがあったりすると、自分の望むことだったりやりたいことは見えてこない気がします。

その悩みが頭の中を支配して自分のやりたいことまで考える余裕がなくなるように思います。

 

私はアルバイトや正社員で20年近く働いてきましたが、自分に向いている仕事、やりたい仕事というのは分からないままでした。

漠然とやりたい仕事はあったような気はしますが、特に正社員で働いていると簡単に辞めてはいけないと思い込んで自分の願望を揉み消していました。

 

自分の本当にやりたいこと見つけ出すには以下のことを心がけると良いのではないかと思います。

 

①世間の常識にとらわれない。

②人からどう思われるかを気にしない。

③ある程度の貯金を持つ。

④健康状態を良好に保つ。

⑤自分を信じる。

 

③は、お金の心配をしないといけない状況だと「お金が欲しい」という考えで頭がいっぱいなり、自分の本当の願望を見出すのは難しいと思います。

 

④は、以前私は気管支炎になって一ヶ月間咳が止まらなくなったことがあり、そんな時に自分のやりたいことを考える余裕なんてありませんよね。

 

でも自分の願望を自身で自覚するのはかなり難しいです。

今の私はそんなに悩みもなく日々楽しんでいるつもりですが、それでも進みたい方向が漠然としていてまだ定まっていません。

でも何となく分かりかけている気がするのでもうちょっとですね。

 

なるべくリラックスした状態を維持して、「何がしたいか」「どういう時に心地良さを感じるか」「今後どうしたいか」ということを知って、自分が望む状態に近づけたいですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村