自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

自分で自分を褒める

最近私は事あるごとに自分自身を褒めるようにしています。

そうすることで何だか自分の中で存在価値が上がってきたような気がしています。

 

今までは自己評価が低かったのですが、もうそんなに自分に厳しくする必要性を感じなくなりましたし、少しくらい甘やかしてもいいかもしれないと思い始めました。

もちろん常に自分を甘やかしているわけではなく、規則正しさは意識して生活面では自分を律しているつもりです。

ですが、頭の中で考えることに関しては明るいことを多めに思い浮かべるようにしています。

 

どういう褒め方をしているかというと、「以前の私なら長く落ち込んでいた場面で早めに気持ちを切り替えることができた」とか「今日は頑張って掃除できたな」「今日も早起きできた」などです。

褒める基準をなるべく低くしています。

この自分を褒めることをしてみて、私は褒めて伸びるタイプだと気づきました。

日々の生活の中でだんだん楽しい時間の割合が増えている気がします。

 

頭の中で褒めるよりも、紙に書いた方が更に効果は高いように感じます。

私は毎朝カフェに行ってその時の自分の思いを紙に書いているので、自身を褒める作業もしています。

特に朝は気持ちが前向きになっているので褒める要素がたくさん出てきます。

 

ただ、あまり調子に乗りすぎるといけないのでその頃合いが難しいところですね。

 

人から褒められるのは嬉しいですが、期待したからといってその通り褒められるわけではありません。

でも自分自身なら褒めて欲しい時にすぐ褒められるので手っ取り早いです。

 

「今元気に過ごせてる、それが一番すごいな」というのが毎日自分を称えている言葉です。

スポンサーリンク