読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

自分の問題を先送りにしていた

今年の初めまで会社員として働いていたのですが、仕事をしていく中で頻繁に問題が起こっていました。

その度にどうすれば解決できるか考えて先輩や上司に相談し、実行して事を収束させていました。

 

でもプライベートで自分の健康面や内面で問題が起こった場合は深く考えずに流していたように思います。

頭痛がする、胃が痛い、お腹が痛いという症状がよく出ていました。

でもとりあえず市販の薬を飲んで、その瞬間痛みが治まればいいと思っていました。

特に頭痛は頻発していましたが疲れているんだろうと思っていただけでした。

 

心の状態も、落ち込んで、イライラして、暗い気持ちになる・・・ということを繰り返していましたが、人間だし落ち込むこともあるだろうと軽く考えていました。

 

自分自身に真剣に向き合うのが面倒だったのかもしれません。

それよりも目先のラクなことを優先してテレビを観たり、ネットサーフィンをしたりして自分の問題を先送りにしていました。

 

でもそんな不健康な状態は長くは続けられませんでした。

そもそも日常生活を送るだけで精一杯でしたし、毎日が全然楽しくありませんでした。

 

今は少しでも体調を崩したりすると「何か自分の中で問題が起こっているのかな」と思ってノートに書き出すようにしています。

私の場合ですが、だいたい何かに悩んでいる時に体調が悪くなったりします。

問題点を考え、解決策を具体的にして実行するようにしています。

面倒なのかもしれませんが、問題から逃げると自分のしんどさがどんどん積み重なって大きくなる気がするのです。

 

解決策を考えるということに関して、例えば日曜日の夜に「明日から会社か。イヤだな」と思ったとします。

そしてイヤな気持ちを小さくする為に「月曜日の終業後に何か楽しみを作っておけばいいのでは」と考えたとします。

でも、具体的にどんな楽しみを作るかを考えつかないまま放置してそのままになって、毎週日曜日の夜の憂鬱を繰り返していました。

 

せっかく良いと思ったことでも、具体的に考えて実行しないといつの間にか忘れてしまいます。

私は紙に書かないとすぐに忘れて、何でこんなに忘れやすいのだろうといつも思っています。

 

最近は自分の落ち込むパターンが掴めてきて、そこから早めに抜け出す方法が分かりました。

家で「暇だな」と思ってダラダラしだすと気持ちが暗くなります。

そうなった場合はすぐに掃除に取り掛かるようにしています。

するといつの間にか掃除に集中して、暗い気持ちがだんだん薄れていきます。

毎回上手くいっているわけではありませんが、高い頻度で気持ちを切り替えることができるようになりました。

 

落ち込む回数や時間が減るとだいぶ気持ちが穏やかになって、ほんの少し心に余裕が出てきたように感じます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村