自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

自分一人の力ではここまで来れなかった

五月に入校した職業訓練ですが、五月半ばから七月上旬にかけて祝日がなかったので毎週平日五日間はフルに通っていました。

そして明日から待ちに待った三連休です。

 

退職して学校にも通っていなかった頃は、祝日になると逆に街に人が多くなるのでなるべく祝日がない方がいいと思っていました。

でも立場が変わると祝日がこんなに有難く感じるとは勝手なものです。

 

二月に退職してから五ヶ月が経過しまして、今のところいい感じで毎日過ごしています。

ストレスのない生活の素晴らしさを噛み締め続けています。

 

学校からの帰り道、自宅の最寄り駅に着いてから約15分ほど歩くのですが途中で自然の多い公園を通ります。

のんびり歩いていると穏やかな気持ちになり、「前職ではこんな16時台の明るいうちに帰れることなんて絶対なかったな」などと思いながら今の状況に感謝しています。

 

なるべく過去の辛かった経験と今の状況を比べるようにしています。

 

これが人と比べると良くない方向に行くような気がします。

自分より恵まれていないと思われる人(この基準も人それぞれですが)と比べると傲慢になりますし、自分より優れている人と比べると劣等感に苛まれます。

 

やっぱり過去の自分と今の自分を比べるのが良いのではないかと思います。

困難を乗り越えたからこそ今があると思うと、頑張った自分を褒めたくなります。

 

ですが、今平和な生活ができている環境は自分一人の力で築き上げたものではありません。

学校を卒業してからの約15年間、二回転職して三つの職場で働かせてもらいました。

色々あったとはいえ、毎月必ずお給料を振り込んでもらえました。

だからこそ貯金もできてセミリタイアを実現できました。

 

そしてずっと実家に住まわせてくれた両親、学校や職場やプライベートで仲良くしてくれた友人、いつも行くお店の店員さんにも感謝の気持ちでいっぱいです。

 

こんな何の取柄もない私に温かく接してくれた皆に有難うと言いたいです。

 

当ブログでは「感謝」や「有難い」という言葉を繰り返し使っています。

これは一日たりとも絶対に忘れてはいけないことだと思います。

私はすぐに調子に乗ったり、落ち込んだり、とにかくメンタルの弱い人間です。

ですのでいつも思い出すようにしています。

 

今まで多くの人に助けてもらいました。

そしてこれからも助けてもらうと思います。

今後、私が人の役に立てるかどうかは分かりません。

あまり高い目標を立てても実行できる自信もありません。

とにかく私が機嫌よくしていることが、周りの人に少しでも良い影響になったらいいなと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク