読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

自分にも人にも優しくありたい

自己分析 考え方

今日は朝起きた時に首が痛くて寝違えてしまいました。

ですが、いつも通りの時間に家を出ました。

学校へ行く前にスタバに寄ってコーヒーを飲んでいました。

するとすぐ近くに座っていた男性客の携帯が鳴り、その場で出て延々と大声で話し込まれていました。

うーん・・・。

そして学校では一日中難しい授業で頭が混乱し、ひどく疲れてしまいました。

 

三連休は掃除に精を出して家の用事もこなして、かなり充実した過ごし方をしたつもりでした。

ですが、自分が日々良いと思うことを懸命にやっても当然ながら自分の思い通りのことばかりが起こるわけではありません。

ここで「いくら掃除を頑張ってもいいことなんて起こらない」と今までは諦めていましたが、掃除をしたら幸せになれるなんてこともありません。

 

どんなに良くないことが起こったとしても、心折れずに愚直に自分が信じた道を突き進みたいと常々思っています。

 

結局自分がどういう状態でいたいかというと、いつも笑って楽しんでいたいのです。

ちょっと首が痛いとか、スタバでのお客さんのマナーがとか、些細なことでイライラしていたら限られた貴重な時間が台無しになってしまいます。

 

いつも思うことは、自分は小さなことですぐに悩んで同じミスを繰り返す人間なんですよね。

ただ、ドジでのろまな亀(どこかで聞いた台詞・・・スチュワーデス物語ですね)のような自分に笑えるというか、ダメな自分でも一生懸命さだけはあるなと思ったりしています。

 

以前はダメな自分が腹立たしかったのですが、手のかかる子ほどカワイイと言いますし、優れたことをする必要はなくて自分に出来ることを少しずつやっていけばいいと思います。

 

だんだん自分に対してのハードルが低くなっているというか、もうハードルなんてほとんどありません。

ゆっくり、のんびり、ボーッと過ごすのが一番です。

自分を甘やかしてもいいんだなと思います。

でもお金のことに関してはある程度のラインは保っていますし、そこはシビアな気持ちを持っています。

今までの自分に厳しい部分が活かされています。

 

自分にも人にも優しくありたいです。

まだまだ人に優しくできるレベルにまでは到達できていません。

自分にも変なところで厳しくなる時もあります。

でも、未熟だと自覚しているからこそ自分の立てた目標に向かって頑張ろうと思えるのかもしれません。

 

良くないことが起こってもそこから学ぶことができたら、結果的に自分にとっては良かった出来事になりますね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村