自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

真面目な性格は長所なのか?

今日は用事があったので初めて職業訓練を休みました。

三ヶ月間皆勤賞だったんですけどね。

まあ皆勤だからといって何の特典もないのですが。

 

今までは多少体調が良くなくても無理をして行っていました。

休むと病院の領収証が必要で、休暇届に理由を詳しく書かないといけないのが面倒だったのです。

でも実際休んでみると、その手間なんて些細なことだなと思うくらい快適でした。

 

用事が終わった後は、カフェでランチを食べました。

平日なのにお店は満員でしたが美味しかったので良かったです。

それから市役所やハローワーク、郵便局、図書館に行きました。

 

夏休みだから街には子供が多いのかなと思っていたのですがそうでもなく、やっぱり平日は人が少なくて快適でした。

 

今まで休まないでおこうと頑張っていましたが、用事や体調不良は仕方がないので無理する必要はなかったんですよね。

やっぱり私は真面目すぎるんだと思います。

職場や学校でもずっと「真面目な人」だと言われていて、それが自分ではイヤだったんです。

 

私の中では「真面目な人=面白くない人」というイメージがあります。

以前は面白い人になりたかったのですが、現在はそうは思っていません。

ただ、今まで真面目にしていて報われたことはなかったような気がしています。

 

仕事を真面目に頑張っていたら、更に仕事を増やされるということが多々ありました。

そして不真面目な人の仕事が減って、暇になったその人が「私ラクでいいわ~」と言っていて。

真面目にしていても損ばかりしていたように思います。

 

でも根が真面目なのでこれはもう変えようがないです。

ただ、真面目な性格を良い側面から捉えると「堅実」ということになるかと思います。

 

金銭面に関しては地道にコツコツ貯金をしてきたので、それは自分でも誇れる部分です。

ただ真面目すぎて節約するにも度が過ぎるという欠点があって、そこは修正したいです。

 

それに、真面目でガードが固いのでヘンな男性に引っ掛からなかったのも良かった点です。

男性の見る目のなさは天下一品で、もし過去に片思いしていた人とまかり間違って結婚でもしていたらと思うとゾッとします。

私は見た目がおとなしそうだとよく言われるのですが、昔はなぜか自分に似合わないチャラい男性が好みだったという消し去りたい過去があります。

 

考え方によっては真面目な性格もいい所がありますね。

こんな柔軟性もない堅物な自分ですが、これからも上手く付き合っていけたらなと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村