自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

欲しがるよりも必要のないものを手放してみる

先日部屋の片づけをしていたところ、学生時代の女友達からもらった数年前の年賀状が出てきました。

二十代半ばくらいまで仲の良かった子ですが、今は疎遠になっています。

 

友達は大学卒業後、アルバイトをしながら資格試験の勉強をしていました。

今でも覚えている口癖が「お金がない」でした。

でも、学生時代も昼食は学食で食べたりコンビニで買っていました。

私は家からお弁当を持参していましたが。

 

さらに、かわいい雑貨が好きでキャラクター物のグッズをよく買っていました。

金遣いが荒いのでお金がなくなのは当然なんですよね。

 

頻繁に「ご飯に行こう」と誘ってくる子でしたが、私も働き出してからは仕事が忙しくて都合の合う時だけ行っていました。

でも、会ってもその子は次第に一方的に話すようになってきて、しかも話も面白くなくて。

アルバイトを辞めたい、でもお金がないから辞められない、資格試験の勉強もやる気が出ない、など。

そして誘われても断るようになり、でも何度も誘われましたが頑なに断り続けていつしか連絡は来なくなりました。

 

今思うと、友達は色んなことが上手くいかなくて寂しかったんだと思います。

満たされない気持ちを埋めようと、欲しいのか分からないグッズを買いまくって、誰かと一緒にいようとして。

 

買物をしたその瞬間は楽しいかもしれません。

でもお金には限りがあります。

だんだんお金が減っていくと、お金がないこと自体がストレスになってきます。

これって悪循環ですよね。

 

一人でいると寂しい。

常に誰かと過ごしたい。

でもだんだん私は友達の寂しさを感じるようになってきて、やがて重荷になりました。

そうなると人は離れていって更に寂しい状況に陥ります。

 

友達は仕事も勉強も上手くいかないもどかしさを、沢山の物が欲しい、人から心配されて構って欲しい、と何かを欲しがることで埋めようとしていた気がします。

 

私も仕事を辞めたいと思い続けていて、ずっと自分が嫌いで寂しさを抱いていました。

ですが昨年仕事に限界を感じたことにより、会社を辞める決心をしました。

そして収入が無くなるのでなるべくお金を使わないでおこうと、買物を控えるようになりました。

 

すると自分に必要な物は大してなかったことに気づきました。

さらに自分の持ち物を見直してみると実際に使っている物は少なくて、いらない物を捨てるようになりました。

 

そして、以前は自分が求めていたものも必要ないことが分かりました。

社会的立場、必要以上の収入、人からの賞賛、など。

それによって気持ちも身軽になりました。

 

考え方一つで心がこんなにもラクになるんですね。

 

でもまた、日常で人から影響されて自分の考えが揺らいだり・・・ということもありますので、なるべくブレないようにしたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク