自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

幼い頃の裕福ではない生活が大人になってから役立った

いつも自分の出費に関しては金銭出納帳に何にいくら使ったかというのを書き記しています。

小学生の頃からおこづかい帳をつけていた名残でずっと続けています。

 

幼い頃から自分の家は裕福ではないというのは何となく分かっていました。

小学生の頃は2Kのアパートに家族で住んでいました。

友達の家に遊びに行くと、大きな一戸建ての家で上等なお菓子が出てきた時に格差を感じたことをうっすらと覚えています。

 

裕福ではないことが哀しく、大人になったらたくさんお金を稼ぎたいと思ったものです。

もっとお金のある家に生まれたかったと心の中で嘆いていました。

 

でもこういう家庭で育ったことは今となってはすごく有難いと思います。

なぜかというと経済観念が養われたからです。

 

小学生時代は家で靴洗いをして母から毎月三百円をもらっていました。

それを貯めてたまに古本屋でコミック本を買っていました。

普段は家でテレビを観るか図書館で借りてきた本を読んでいました。

自然とお金が無いなりに楽しむ術を見つけていました。

 

中学時代は千円、高校時代は三千円のおこづかいを貰っていました。

友達はいたのですが地味な子ばかりで、一緒に遊びに行くということがほとんどありませんでした。

相変わらず家では小学生時代と同じような過ごし方をしていたので出費は少なくてどんどんお金が貯まっていきました。

 

やっぱり裕福ではないのでお金には限りがあり、貴重なものだという意識が芽生えていったのだと思います。

そう考えたら家庭環境には感謝してもしきれません。

 

でも社会人になってからはなぜか交友範囲が広がって居酒屋やカラオケによく行ってました。

まあこれも経験ですね。

楽しかったですが、やっぱり勿体なかったなと思わなくもないです。

 

ただ根底には節約意識はずっとあって、洋服などもなるべく安い物を買うようにしていました。

金利の高い銀行に定期預金をしたり、還元率の高いクレジットカードを持つようにしたり。

 

本当に節約して貯金するというのは地道な積み重ねです。

少しずつお金が貯まっていくことで何でもコツコツと努力することの大切さを学んだような気がします。

 

大人になってから貧乏を経験して良かったと思うなんて幼い頃は考えもしませんでした。

ネガティブな経験だと思っていたことが予想外に役立つとは人生分からないものですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク