読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

物事がうまくいかない時は人のせいにしてしまうけれど

最近体調を崩していたのですが、自分を振り返ってみて気づいたことがあります。

自分のことがうまくいかない時は外に目が向いてしまうのだなと思いました。

 

悩んでいてもどうにもならず八方塞がりになった場合。

自分について考えたくなくなって、ふと他の人を見ると優れた人のことは羨んで妬ましくなり、気の合わない人のことは良くない部分が気になって。

余計に気分が落ち込んでしまいました。

 

最近自分のことがうまくいかなかったというのは何かというと、職業訓練に通うのがしんどくなっていました。

学校での授業にだんだん興味が持てなくなってきたのです。

でも学校は辞めたくありません。

だったら続けるしかないんですけど、でもしんどいなと思って堂々巡りになっていました。

 

そんな時に学校で接する人たちのことを色々考えてしまって、やるせない自分の状況を人のせいにしようとしていました。

 

自分の置かれている状況が良くないとそこから逃げたくなります。

でも何の対策もなく逃げても解決にはならない気がします。

どうにかして自分の中で捉え方を変えるなどして決着をつけないと、繰り返し逃げ続けることになりかねません。

 

結局、学校は仕事に比べたら全然辛くないのだと最初に考えていたことを思い出しました。

学校に通うのはあと二ヶ月半で、期間が限られているので頑張ろうと気持ちを切り替えようと思いました。

 

でも気持ちがどんどん暗い方向に向かっていくと、すぐに考え方を変えることは難しいです。

 

やっぱり自分が可愛いので「自分は悪くない。人のせいだ」という思考になってしまうのかなと思います。

ただ人のせいにすると結果的にはもっと自分が苦しむような気がします。

なぜかというと人を変えることはできないからです。

変えられない人を変えようとするとドツボにはまり抜け出せなくなります。

どんなに辛くても自分と向き合うしかないのかもしれません。

 

昨日からお盆休みに入り、気分的にも落ち着いてきました。

そして今後の自分のやりたいことなどを考えていると楽しくて、穏やかな気持ちが戻ってきました。

 

静かに自分と対話していると、本当に大切なものが分かって心も安定するような気がします。

 

職場や学校など人の集まる所に身を置いていると周りの人に影響されて、自分の核になるものを見失うこともあります。

でも休日などに時間をとって、自分と深く向き合うことで忘れそうになっていた大事なものが思い出せるのかもしれません。

 

人の波に埋もれるのではなく、もっと自分を強く持ちたいですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村