読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

お金のために苦しみたくはない

昨日アルバイトの面接に行ったのですが、その際に印象に残ったことがあります。

 

実際に現場で仕事をされている方の様子を見学させてもらいました。

その時、何となく従業員の方の雰囲気がどんよりしていたのが気になりました。

 

おそらく現場の方はアルバイトだと思います。

私が見たハローワークの求人票の時給はかなり安かったのです。

長年働かれている場合は時給アップがあると思いますが、そんなに急激に上がらないような気がします。

 

休憩場所にも案内して頂きましたがボロボロで、なのに来客を通す応接室がある事務所は新しくて綺麗でした。

外面は良くて、中で働いている従業員を大切にしていない会社のような気がしました。

(勝手な想像かもしれませんが)

 

会社はもちろん利益を上げなければなりません。

でも従業員の賃金を低く抑えたり、労働環境をないがしろにすることには疑問を感じてしまいます。

 

私は経営者になったことがないので考えが甘いのは分かっています。

でも従業員を大事にしない会社に明るい未来はないような気がします。

 

賃金を支払っている雇用者が強くて、被雇用者は弱い立場なのでしょうか。

被雇用者だって労働力という貴重なものを会社に提供しているので本来対等でなければいけないはずです。

まあ理想論であることは分かっています。

 

今までに勤務した会社、面接に行った会社で良い印象だった会社は一社のみです。

面接に行ったところなのですが、従業員が四人だけで皆さんとても温和な表情で仕事をされていました。

こんな会社に入りたいと思ったものの残念ながら不採用になってしまいました。

 

当たり前ですが働くということは大変です。

でもなぜ働かなかればいけないのかというと収入を得るためです。

 

お金さえあれば働かなくていいんですけどね。

だからこそセミリタイアブログ村の方はリタイアを目指したり、既に実現されています。

 

お金を得るために多くの方が苦労しています。

私も完全リタイアではないのでこれからも何らかの形で収入は必要です。

 

お金って何なんでしょうね。

お金のために苦しむなんておかしいと思います。

 

食べていくのにお金が必要なのはもちろんですが、働くこと、生きること自体が苦行になってしまうなんて本末転倒ではないでしょうか。

本来人生を楽しむためにお金があるような気がします。

 

ただ私もお金を得るために今まで色んなことがありましたし、未だにお金の呪縛から逃れられていません。

お金のために苦しみたくはないですが、やっぱりお金は欲しいです。

 

まだまだお金にコントロールされています。

「もっとお金があればいい」という問題ではなく、根本的に考え方を変える必要がありそうですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村