読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

セミリタイアしてから半年が過ぎて思ったこと

セミリタイア生活 人生

退職してから半年が経過して振り返ってみると色々なことがありました。

 

憧れていたセミリタイア生活を実現できたことが嬉しくて当初は自由な日々がとても楽しかったです。

毎日したいことがたくさんあって忙しいくらいでした。

人の少ない平日に旅行に行きたいという夢も叶いました。

 

でも二ヶ月くらい経過した時にだんだん暇を持て余すようになってきました。

働かない生活に飽きていたのかもしれません。

毎月の定収入がなくなって貯金が減っていく不安も感じました。

 

そこでハローワークで職業訓練の募集をしていることを知り応募して受かりました。

そして翌月から通い始めたわけですが。

だんだん勉強していることに対して興味が薄れてきて理解もできなくなり、人との関係性も微妙な状態で少し辛くなってきています。

ですので今退校しようかどうか迷っています。

 

傍からみると退職してからあまり物事がうまくいっていないように思われるかもしれません。

でもこの半年間の色々な出来事は自分を見つめ直すきっかけになりましたし学ぶことが多かったです。

 

自分が何かの理由でイラだっている時は別の更に良くない出来事が降りかかってくるのだと分かりました。

学校の勉強につまづいてしまって「もう辞めたい」と思っていた時に追い討ちをかけるように人間関係もややこしくなりました。

 

そして退職してセミリタイア生活を体験してみて、自由というのは自己責任だと痛感しました。

会社という後ろ盾がないので荒野に一人放り出された感じです。

 

何でも自分で考えて決断しなければなりません。

国民年金を払うか免除申請するかどうか、なるべく支払う税金の額が抑えられる年収はいくらなのか調べて、その上でアルバイトではどれくらい働こうか検討して。

でもこういうことを考えるのが結構楽しいのです。

 

それに自分について真剣に考えるようになりました。

自分がどんな時に心地いいと思うのか、何が好きなのか、この先どうしたいのか。

 

逆に嫌いなことについて認識する大切さも感じました。

負の感情を無理に抑えようとしていた時もあったのですが、しんどくなったので自然体がいいのかもしれないと思い直しました。

嫌なものは嫌なんだから我慢は良くないですよね。

(まあ我慢の必要な場面は多々あるので程度の問題ですが)

 

生きていたら色々ありますが結局は楽しいのが一番です。

分かっているのについ楽しむことを忘れてしまいます。

大切なことは常に心に留めておきたいですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村