読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

セミリタイア生活において最も大切なものとは?

セミリタイア生活 人生 考え方

退職してから7ヶ月が過ぎました。

今は職業訓練に通っており、5ヶ月目に突入してやっと平和な日々を送ることができています。

当初は授業が難しくて悩んでいたのに、最近はなぜか勉強が楽しいという不思議な現象が起こっています。

 

働かない生活を満喫していますが、やっぱりお金のことは頻繁に考えています。

完全リタイアするにはいくら必要か、今は実家暮らしだけど親がいなくなった後の生活費はどれくらいになるか、など色々とシュミレーションしています。

 

ですが最近思うのは、いくらお金があっても例え一億円あったとしても不安になることはあるのかもしれないと感じています。

 

退職した当初は自由な生活が楽しくて仕方がなかったのですが、二ヶ月くらい経った時に「本当に退職して良かったのかな」と思いました。

 

やりたいことは沢山あるのに何故か暇だと感じてしまって、社会との接点もなくなって人の役にも立っていない自分は一体何だろうと思ってしまったり。

働いている友達と会った時に働いていない自分と比べて引け目を感じたり。

定収入がなくなって預金通帳の残高が減っていくのを見て悲しくなったり。

 

「自分の存在価値を感じられなくなる」ということ、この問題を解決できなければセミリタイア生活を続けることは難しいと思います。

そして今まで毎月給与が振り込まれていたことを、当たり前ではなかったのだときちんと認識することが必要です。

 

私は色々考えて落ち込んでしまった時に前職の会社の前まで実際に行ってみました。

すると辛かった日々を鮮明に思い出しました。

そして「自分の存在価値がどうのこうのよりも、今楽しい生活を送ることができているのが一番の幸せなんだ」と思い直しました。

 

そして毎月の定収入がないという不安を感じていた時に、タイミングよく受講したい職業訓練があったので雇用保険を予定より早めに給付頂けることになりました。

 

多額の貯金よりも、不安になる気持ちといかにうまく付き合っていくかがセミリタイア生活を楽しめるポイントであるような気がしています。

 

「貯金がなくなったら働けばいい」というくらいの気持ちでいた方がいいのかもしれません。

実際に仕事が見つかるのかという問題もありますが、仕事が見つかるまでとにかく諦めない気持ちが大事ではないかと。

結局は精神論になってしまいますが。

 

自分を信じる強い気持ち、自分なら何とかやっていけると思い続けることで、より充実したセミリタイア生活が実現できるような気がしています。

単純に相当な覚悟を持って会社を辞めたのに、働かない生活を楽しまないなんて勿体ないですしね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村