読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

一刻も早く年金生活がしたかった

先日学校を休んだ時に、用事が終わってから時間があったので久しぶりに公園に行きました。

すると高齢の方がグランドゴルフをしていて昔のことを思い出しました。

 

数年前に勤めていた会社には電車通勤をしていたのですが、窓から公園が見えてよく高齢の方がグランドゴルフをしていました。

その様子を見るたびに「仕事をサボって私も一緒にグランドゴルフをしたいな」と思っていました。

 

高齢の方も現役の時は額に汗して働いてきたのだということは分かっています。

でも現在年金をもらって働かずに暮らしていることが羨ましくて仕方がありませんでした。

そして「タイムトリップして、いきなり65歳になって年金生活がしたいな」と思いました。

 

今思うと何て勿体ない考えなんだと感じます。

これから40代、50代という人生で脂の乗ったいい時期をすっ飛ばして65歳になりたいだなんて。

当時は自分の人生を諦めていました。

未来に希望はないし、このまま定年まで会社で耐えるしかないと思っていました。

 

今はこれからどんどんやりたいことを実現していくつもりでいます。

やりたいことがありすぎて時間が足りないくらいです。

 

こういう考え方に変わったのは、やりたくないことを止めたからだと思います。

やりたくないことというのは当時の仕事なんですけど。

 

以前は「セミリタイア」という言葉を知らず、40代や50代で退職してリタイア生活をされている方がいるなんて思いも寄りませんでした。

セミリタイアというライフスタイルを知って、私にはとても向いている生き方だと感じています。

 

学校を卒業してから定年まで40年以上働き続けないといけない、という親の世代の生き方しか知らないと、最初に就職した会社が自分に合わなくてもひたすら我慢するという選択肢しかなくなります。

自分に向かない仕事し続けること、違和感を感じる場所に居続けることほど辛いことはありません。

 

自分にとって多くの選択肢を持つには、たくさんの情報に触れることが大切ではないかと思います。

現在は情報が多すぎる感もありますが、自分に必要な情報かどうか取捨選択をして取り入れることが必要である気がします。

その取捨選択する作業も、自分の望んでいることをよく理解しておかないと不要な情報を取り入れてしまう場合もあります。

 

自分自身を理解することが難しいんですけどね。

「やりたくないこと」を自覚することが足がかりになるように思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村