自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

もう人から必要とされなくてもいい

今は職業訓練の職場実習に通っているのですが、実習先では名前ではなく「実習生さん」という呼ばれ方をしています。

一ヶ月限定なので短期バイトのような扱いなんでしょうね。

 

最初は「私にも名前があるのにな」と違和感を抱いていました。

 

ただ最近は慣れてきて、これからアルバイトや派遣で短期労働を繰り返す働き方をした場合「パートさん」「派遣さん」と呼ばれ続けるんだろうなと思いました。

 

今までは学生時代のアルバイト以外では正社員でしか働いたことがありませんでした。

職場ではもちろん名前で呼ばれていましたし、担当を任されていておそらく上司や同僚からは必要とされていたと思います。

でも今後は誰でも出来る仕事(そもそも自分しか出来ない仕事などないのですが)しかしないでしょうから、職場で唯一無二の存在になることはありません。

 

もう仕事でもプライベートでも人から必要とされることを望まなくなりました。

 

なぜかというと自分で自分のことを認めているからです。

自分は大した能力も無いのに、よくここまで生きてきたなと感心しています。

今だって真面目に実習に通っていて頑張っているなと思っています。

変なプライドを持たないようになってから、ほんの些細なことでも自分を褒めまくっています。

 

傍から見たら、四十歳を目前にして無職で、独身で結婚できる見込みはゼロで、友達ともほぼ疎遠になっていて、可愛そうな人だと思われるかもしれません。

でも人からどう思われようと自分が幸せだと心から思えていたら、それが真実なんです。

 

もう仕事で自己実現したいとか、やりがいなどは一切求めません。

お金の為に働くのはもちろんですけど自分に向いた仕事がしたいです。

今は実習先で単純作業をさせて貰っていて、それは自分に向いていて楽しいです。

 

仕事をする理由は暇つぶしの為だと思った方がラクです。

もちろん生活の為に働かないといけませんが、生活コストを下げることができたら高給取りになる必要はありませんし。

イヤになったら辞めればいいというような、ゆるい考え方でないと過酷な仕事に潰されることもあります。

 

何でも気楽に考えて自分を追い込むのはやめましょう。

人生楽しんだもの勝ちです。

苦しむ為に生きているわけではありませんから。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク