自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

仕事に過度な期待をするのはやめた

昨日で職業訓練の職場実習が修了しました。

とにかく今は心の底からホッとしています。

 

この一ヶ月間、胃痛や腹痛になったり、掃除や片づけをする気にもならず、買物に行くのも億劫で無気力状態でした。

又、自分の外見を整えようと全く思えず、髪も伸び放題でメイクも職場の最寄り駅に着いてからお手洗いで1分くらいで済ませていました。

 

やっぱり日々の生活の中で過度に疲れること、気を遣いすぎること、辛いことはしてはいけないのだと改めて思いました。

 

昨日は帰ってから早速部屋の片づけをしました。

今日は買物や図書館への本の返却など様々な用事をこなすことが出来ました。

そして自分で前髪を切ってすっきりしました。

 

本当に自分をしんどい状況に追い込んではいけないですね。

 

今まで十数年働いてきてそれは痛感していましたが、数ヶ月間働かない気楽な生活をしていて忘れていました。

人間って都合の良くないことはすぐ忘れるんですよね。

 

来月からバイト探しをするんですが、仕事は慎重に選びたいと思います。

長期か短期か、週何日働くかというのはまだ決めかねています。

仕事内容、場所、時給、一日の労働時間、働く曜日、など様々なことを考える必要があります。

焦らず自分にとって良さそうな働き方を選びたいです。

 

本当に働くというのは何なんだろうなと今さらながら考えています。

結局働くことに多くの期待をすべきではないのかもしれません。

ただ「収入を得る」という一点のみに集中したらいいと思います。

 

期待をするからしんどくなる気がします。

仕事にやりがいが欲しい、周りの人に認められたい、ステータスのある仕事をしたい、仕事でスキルアップしたい、今よりもっと高い給料が欲しい、職場に自分の居場所が欲しい、会社に貢献したい、出世したい、など。

 

多くのものを手中にしようと思うと頑張らなければならず、それでもなかなか掴み取れなくて。

自分の思い通りにいかないことに苛立ってしまって。

ストレスを溜めて発散する為に散財して。

正直そのような状態は大変すぎます。

 

自分が働いた分に対してお給料が貰えたらいいというシンプルな考え方をした方がラクですし、期待していない分もし仕事でお給料以外のプラス面を発見できたらラッキーですし。

 

もちろん仕事の手を抜いていいというわけではなく、与えられたことは出来る限りやり遂げるということが前提です。

でもどうしても出来ないことを無理に頑張る必要はないと考えています。

 

他人にも仕事にも期待しない。

これが私にとっては気楽に生きる方法なのかなと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク