読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

日雇いバイトに行ってきた

今日は日雇いバイトに行ってきました。

仕事内容は軽作業で、ひたすら箱を作っていました。

軽作業といえども立ち仕事で、大きな倉庫の中で暖房もありませんでしたし凄く寒かったです。

それにスピードを求められたので忙しかったです。

 

数ヶ月ぶりに本当の労働(先月に行っていた職場実習は労働ではなかったので)をした感想は当然ですが体力的に疲れました。

ひたすら同じ作業を繰り返していたので精神的には疲れませんでした。

 

以前からバイトに来ている方たちが色々教えてくれて助かりました。

一緒にお昼ご飯を食べたりして、最近人と交流するのが不思議と楽しく感じられます。

 

腱鞘炎になりながらもシップを貼って痛いのを我慢して働いている方もおられました。

バンドマン風の若い男性がいたり、年配の男性も女性もおられましたし、年齢層は幅広かったです。

一応金髪や派手な服装は禁止されているので地味な人ばかりでホッとしました。

 

こんなにも色んな人が色んな場所で懸命に生きているのだなと改めて思って。

様々な生き方があっていいんだなと、若干普通の人生からは道を外れた自分を肯定しようと改めて感じたり。

 

今日は仕事が終わって家に帰ったら心底ホッとしました。

すぐに母が作ってくれた美味しい夕飯にありつけて、温かいお風呂に入ったら物凄く幸せを感じることができました。

 

普段当たり前だと思っていることが、大変な労働をした後だと有難く思えるんですよね。

 

昨日の当ブログ記事では「お金より時間の方が大事」などと書きましたが、今日改めてお金の大切さが身に沁みました。

寒くて凍えそうになりながら、数千円を稼ぐのにどれだけ働かなければならないのか。

 

時間も大事ですけどお金も必要ですし。

でも健康でありさえすれば働くことはできるんですよね。

そう考えると健康が一番大切なのかなと思ったり。

 

何が一番大事かということよりも色んなことがバランスよく必要不可欠なんでしょうね。

 

ちなみに、日雇いバイトだと色々な場所にいけるのでちょっとした日帰り旅行気分も味わえます。

今まで下りたことのない駅の周辺を歩いてみて、田舎だと思っていたのに意外と工場地帯だったことに気づいたり。

それでお金までもらえるので何だか得した気分です。

 

様々なことを考えさせられた日雇いバイトの経験でした。

ちなみに、日雇いバイトと日雇い派遣は違いますのでまた当ブログで記事にしたいと思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村