読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

趣味に没頭するとお金がかかる

今年も残りわずかということで今年の収支を計算してみました。

年間の出費額は50万円くらいでした。

実家暮らしで家にお金は入れていないので生活費はゼロです。

家事労働をしているということで親が免除してくれているので有難いです。

 

旅行を兼ねてJリーグ観戦に7回行ったので、それが出費の約半分を占めています。

あとは税金、保険料、スカパーの視聴料、携帯代、カフェ代、美容代くらいです。

 

そう考えたらJリーグ観戦の出費は大きいです。

色んなサポーターのブログを読んでいて、年間の遠征費の合計額を公開されているのですが皆さん高額です。

自分の応援しているチームのホーム全試合参戦はもちろんのこと、遠方のアウェイの試合(対戦相手のホーム試合)もかなりの頻度で参戦されています。

 

趣味に没頭するとお金がかかりますね。

以前の職場にもあるアーティストのファンで全国のライブ会場に行っている人がいたり、マンガやアニメが好きで関連商品をたくさん買っている人がいました。

 

中学生の頃テレビでプロ野球の試合を観ていまして、平日にも関わらず遠方から来た対戦相手の応援団が毎回居ることに疑問を抱いていました。

試合は大体夕方6時から始まるのですが、この人たちは仕事はどうしているんだろう、遠征費は年間でどれくらい必要なんだろうと思っていました。

 

熱中できることがあるというのは幸せですが、その分お金の工面は大変です。

 

前職の同僚で、明らかに仕事が辛そうなのに耐えて体を壊してそれでも仕事を続けている人がいました。

その人はある没頭する趣味があって給料のほとんどをつぎ込んでいると言っていました。

仕事の辛さから目を逸らせたくて趣味の世界にはまり込んでいるのでは?と内心思っていました。

 

一応少しでも貯金することを勧めてみたのですが「私バカだからできないの」と言われまして・・・。

ちなみにその同僚は仕事に関しては有能だったので全然バカではないのです。

そんなに仕事が大変ならお金を貯めて辞めればいいのにと思ってしまいますが、本人が趣味にお金をかけることを楽しんでいるのですから余計なお世話なんですよね。

 

仕事が辛いのなら辞めればいいというのは私個人の考え方で、周りの人も同じように考えているとは限らないんですね。

どうも自分の考え方を基準にしてしまいがちなので、もっと柔軟に物事を考えたいものです。

 

私もなるべくアルバイトをする時間は少なくしたいものの、より多くのJリーグの試合を観に行きたくてそれにはお金が必要ですからジレンマを感じています。

まあ何とか自分の中で折り合いをつけて、家でお菓子を食べながらテレビ観戦しているのも楽しいのでまあ良しとしています。

 

来年も趣味とアルバイトのバランスを保ちつつ、なるべくストレスが少なく楽しめる状態を維持していきたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村