読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

好きなことで人に喜んでもらうということ

いつもよく行くカフェがあるのですが、マスターが音楽好きで希少なレコードがたくさんあり素敵な音楽がかかっていて気に入っています。

お客さんも珍しい音楽を聴けて感激されていて、マスターは自分の好きなことで人に喜んでもらえることに生きがいを感じておられるように思います。

 

私も今の生活に満足はしているのですが、最近は「人に喜んでもらうこと」をしたいという気持ちになっています。

 

「人の役に立ちたい」という意識は学生時代のアルバイトの時からあったのですが、それは何かしていないと自分に価値がないように感じていたからなんです。

 

今も自分に価値があるかどうかは疑わしいですが、単純に人に喜んでもらえたら嬉しいのではないかと思っています。

でも具体的に何がやりたいというのは現段階ではありません。

 

以前、短期間ですが介護職に就いていたことがありました。

人の役に立てる仕事だと思ってやってみたのですが全く向いていませんでした。

まず人に話しかけるのが苦手という時点で相当なハンデでした。

気が利く性格でもないので何をしたらいいのか全然分かりませんでしたし。

やっぱり自分に合わないことは出来ませんね。

 

ということで、好きなことの中から何かしたいことはないかと考えてみました。

 

あるJリーグのチームを応援しているのですが、サポーターではなく自分の中ではファンだと思っています。

サポーターは観客席の一角に集まって一斉にチームや選手の応援歌を歌ったり、飛び跳ねたり、旗を振ったりしています。

私は一人座って観戦していて、でも一応声援は送っています。

 

あくまでサッカー観戦を楽しんでいるだけでチームをサポートしている意識はありません。

サポーターになりたいと思ったこともなくて、おそらく大勢で一緒に何かをやることに向いていないように思います。

 

カフェに行くのも好きですが自分で開業したいとは思いません。

以前、喫茶店でアルバイトをしたことがあるのですがお客さんと接するのに気を使いすぎてしんどくなっていました。

 

読書も好きで学生時代は作家になりたかったのですが、今はその情熱がなくなってしまいました。

 

現時点では好きなことで人に喜んでもらう方法は見つかっていませんが、もっと違う角度から考えたら何か思いつくかもしれません。

とりあえず今は家族の役に立ちそうなことを可能な範囲でやっています。

やりたいことが自然に湧き上がってくるまで待つつもりです。

 

何も見つからなければ無理する必要はありませんが、人に喜んでもらいたいという気持ちは心の片隅に置いておきたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村