自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

感情を持たずに働くことの難しさ

今の派遣の職場ではデータ入力業務をしているのですが、最近「もっと入力スピードを上げて下さい」と言われます。

当初はスピードより正確性を求めると言われていたのですが、まあ話が違うということはよくありますよね。

仕事が忙しいようので仕方がないのかもしれません。

 

でも入力スピードの早い派遣仲間はどんどん仕事を振られていて、それが原因なのか分かりませんが体調を崩して先日休んでいました。

時給は私と同じなのに仕事の負荷に差があるのです。

 

仕事を頑張ったら沢山働かないといけなくなり、でもお給料が上がるわけでもなく。

私も真面目にやっていますが、なるべく自分のペースを守って作業を行っています。

極力無理はしないようにしています。

 

派遣で一ヶ月半働いてみて、仕事のモチベーションをいかに維持するかが難しいと感じています。

正社員の頃は無理して頑張っていたのですが、それは仕事が出来ないと自分の存在価値はないと思っていたからです。

それに人の役に立ちたい気持ちもありました。

 

でも今の職場では、社員さんは私達に対して「あくまで派遣だし」と思っているんだろうなということが言葉の端々に見受けられます。

もちろんそれは就業前に予想していたことだったので特に問題はありません。

 

ただ、今の職場にどっぷり浸かってはいけないと思っています。

仕事に対して一歩引いた立ち位置にいた方がいい気がしています。

現在の仕事は人の役に立っている感覚はありません。

 

でも前職では人の役に立とうとして結局は自分がしんどくなりました。

他人のことを考えるよりも、まずは心身共に自分を大事にしないといけないと分かりました。

 

やっぱり感情的な人間なので仕事に対してドライに考えるということにどうも慣れません。

もちろんお金を稼ぐことが一番の目的なので、それが達成できればいいのです。

分かっているんですけど感情を持たずに働くことの難しさを感じています。

 

まあ時間が経つにつれて派遣という働き方にも順応していけるんじゃないかと思います。

自分がなるべくストレスの少ない状態でいられるように引き続き考えていきたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク