読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

過剰に恐れないようにしたい

今の職場で働きだして約三ヶ月が経ちましたが、日々理不尽との戦いで何だか切なくなります。

「もっとこうした方がいいのに」「何でこういう言い方をするんだろう」などと色々感じますが、生きている限り永久に理不尽なことからは逃れられないのだと改めて思いました。

 

日常でもスーパーのレジで順番を待っている時に横入りをされたり、道を歩いている時に前の人が歩きタバコをしていたりなど、どうしても不快なことには直面するんですよね。

 

何か一つのことがうまくいかなくなると他のことにまで影響して歯車が噛み合わない時期も必ずあります。

例えば仕事で失敗ばかりし出すと、家の中でも両親が言い合いをしていたりしてうんざりすることも多々あります。

そういう時は目の前のものが全て澱んで見えたりするんですよね。

 

そして深く落ち込んでいるとなかなか前向きな考え方は出来ません。

それでも人生は続いていくわけで、毎日ご飯を食べてお風呂に入って寝るというのを繰り返しています。

そういう当たり前の日々が有難いということに気づくことは難しいです。

 

これからも私は悩んだり迷ったり落ち込んだりするでしょう。

そしてマイナス思考の自分はダメだと自分を責めることもあると思います。

さらに自分に自信がなくなると他人が羨ましくなって比べてしまって自己否定することになります。

 

たぶんこういうことを繰り返すんでしょうけど、落ち込んだり人と比べたりしてはいけないと自分に禁止するのをやめようと思います。

そういう考え方の癖なので一旦沈んだ気持ちを認識して、それから「でもやっぱり楽しいことを考えたり、人と比べない方がラクだよね」というような思考に持っていけたらいいような気がします。

 

何だかイヤなことや辛い目に遭いたくないと過剰に恐れすぎていたように感じます。

だから実際にそういうことが起こっていたのかもしれないです。

でも前向きな思考になったからといって、全く大変なことに直面しなくなるわけではないのですが。

 

毎日平穏無事に暮らしたいですけど未来に何が起こるかは誰にも分かりません。

先々を恐れるより楽しみにした方が気分的にも軽くなりますし、その方が良いことが起こりやすくなる気もします。

長年のマイナス思考が根強く残っているので難しいですが、自分の心の奥底にある「恐れ」という感情を徐々に手放したいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村