読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

思っていた以上に心の闇は根深い

先日、体調を崩したので仕事を休みました。

当日の朝に職場へ電話をして「体調が悪いので休ませて下さい」と言いました。

すると「どのように体調が悪いのか具体的に言って下さい。病院には行かれるんですか。昨日の仕事はどこまでやりましたか」などと矢継ぎ早に質問されて驚きました。

もちろん「お大事に」という言葉も無く・・・。

派遣に対してだけこのような対応なのか、元々こういう風潮の会社なのか分かりませんが。

 

別に電話に出た人が悪いとは思いません。

マニュアル通りに質問しているだけなんですよね。

 

改めて今の職場を自分で選んで働いていることについて、自身の心の闇の根深さを思い知りました。

プライベートでも知らない間に自分を抑圧する行動をとっているせいか、職場でも制約の中でがんじがらめになるというループにはまっています。

 

正直なところ、派遣契約云々などと考えずに職場に対して違和感を感じた時点で辞めれば良かったのではと何度も思いました。

でも、もしそこで辞めていたら自分が無意識にしんどい方向へ向かうような行動をとっていることに気づかないままだったような気がします。

 

今は痛いほどそれを自覚しています。

ただ、最近は仕事が落ち着いてきて平和だったせいか自分に我慢を強いていることを忘れていました。

前述の電話のやりとりで改めてそのことを思い出しました。

 

大切なことほどすぐに忘れます。

忘れるというか日常の瑣末なことに囚われすぎてすぐに不満に感じてしまって、大事なことが見えなくなるんですよね。

やっぱり自分を見つめ直す時間は絶対に必要です。

忙しすぎて疲れ果てて大切なことをどこかに追いやってしまうので、その心の隙間にマイナスな因子が入り込んでしまうのだと思います。

 

改めて今まで40年近く自身を苦しめてきて、それなのに「人が悪い」「会社が悪い」「社会が悪い」とずっと他のもののせいにしてきました。

でもやっと自分が変わらないといけないと気付いて、それでやっと今どうにか自分を大切にしようともがいていて。

この「もがき」は今後も続きそうです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村