自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

自由が何なのか分かっていなかった

最近、自分にとっての幸せって何なのか考えていました。

ずっと前から「自由になりたい」と思い続けていて、昨年念願叶って自由になったつもりでいました。

でも会社を辞めただけで本当の意味での自由を手に入れたわけではありませんでした。

 

自由って自分の好きなことをする、やりたいことをするということのような気がして、これは自分を信じていないと出来ないことなんですよね。

自分が間違っていると思い込んでいる状態だと好きなことをやるにも躊躇します。

「こんなことをしていていいのか、周りの人は皆働いているのに・・・」

自信がないとすぐに人と比べて劣等感を抱いてしまいます。

このような状態は自由とは程遠いです。

 

私は会社を辞めてからも自分を肯定することが出来ませんでした。

そもそも自分を否定しているという自覚が無かったので気付くこともありませんでした。

 

ずっとモヤモヤしていて何かが足りない、何かを強く求める飢餓感に駆られていました。

それが自分の外にあるのではないかという気がしていました。

ここではない何処かへ、遠くに行ったら何か見つかるのではないかと思っていました。

でもそれは外にあるのではなく自分の中にあったのです。

まさに「灯台下暗し」ですね。

 

自分の価値を認める、信じる、肯定する、許す、褒める、自己重要感を感じるということが最も必要だったのです。

 

ただ現状は職場で大きな違和感を感じながら働いていて、せっかく大切な物が分かったのに毎日一番行きたくない場所へ行っている自分って何?と思って、もどかしくて仕方がなかったのです。

でも結局は今の自分を肯定するというのが私にとっての正解なのだと分かりました。

 

辛いのに頑張って会社に行っている自分は偉いと褒めることにしました。

これがあと十年も二十年も耐えないといけない状況ならまた違ってきますが、働く期間はもう一ヶ月を切っているわけで短期間なら我慢もできるというものです。

現在の自分を認めようと思った途端、肩の力が抜けて前向きに仕事に取り組めるようになったのが驚きです。

 

とにかくどんな状況でも自分を肯定しようと思います。

後から失敗したと後悔しても過去の自分はその時にベストだと感じた選択をしたわけで、時と共に状況も心境も変化していきます。

もう自分を否定するのは止めます。

 

自由が何なのか分かっていなかったのに、ブログに「自由で身軽な暮らし」なんてタイトルをつけていることに笑っちゃいますよね・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村