自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

買う買わないの判断が難しい

いつも何にお金を使ったか記録する為に金銭出納帳を付けています。

今年の分を見直していると昨年に比べて支出額が大きくなっていることに気づきました。

 

洋服や靴、鞄などを買ってしまいました。

買ったらいけないことはないのですが、本当に必要だったわけではなかった気がするんですよね。

そもそも服は家にありますし後から考えるとそんなに買った服を気に入っていません。

何と同じような服を持っていたことに後から気づきました。

買物で仕事のストレスを発散しようとしていたように思います。

 

買う買わない、必要か必要でないかの判断が鈍る時がよくあります。

何かモヤモヤした気分の時に鈍るのです。

物を増やして心の不足感みたいなものを満たそうとしていたのかもしれません。

 

昨年あたりからミニマリストを目指していたというのに、不要なものを買っている時点で望んでいる方向とは違う方向にいってしまってますね。

 

まあ必要でないものを買うという一見無駄な行動も時にはアリかなと思ったりもします。

杓子定規に必要なものだけを買う判断が常にできるなんて、制御された機械ではなく人間なのですから無理なのかもしれません。

買った瞬間は嬉しかったので良かったということにしておきましょう。

 

ここ最近は心の問題にばかり焦点を当てていましたが、今後は節約や資産構築にも取り組んでいきたいです。

やっぱりお金は大事ですから。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村