自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

ただそこに存在しているだけでいい

私はよくカフェに行くのですが、最近はお気に入りの何軒かをローテーションしながら通っています。

そのうちの一軒は穏やかで親しみやすいご夫婦が営まれているカフェなのですが、最近はお店を休業されていることが多いのです。

理由は、お店の看板商品であるスイーツの大口注文が入ったとのことでその製作にお忙しいようです。

非常に喜ばしいことなのですが、そのカフェで寛ぐことを楽しみにしている私としては複雑な気分です。

 

美味しいコーヒーが飲みたいというのもありますけど、ただ窓辺の席に座って 太陽の光に照らされた木々を見ているだけで生きてて良かったなと思います。

そのカフェがある街並みも好きで、その場所に行くだけで幸せを感じられるので不思議です。

でもあまり営業されなくなって今までは開いているのが当たり前だったのに何だか寂しい気持ちになりました。

 

何でも存在しているのが当然ではないんですね。

人が生きているのも当たり前ではないと最近思います。

 

7~8年前仕事がすごく辛い時期がありました。

当時はまだサッカー観戦という趣味もなく、唯一の趣味がカフェ巡りでした。

でも土日にカフェに行っても月曜になったら会社に行かないといけなくて、憂鬱な気持ちで仕事をしていたらそういう時に限ってお客さんに電話で怒鳴られて。

もう何もかも嫌だと思って会社から家に帰ると母が「おかえり」と言ってくれた笑顔を見て、私は両親の為に何が何でも生きなきゃいけないと思いました。

もう頑張らなくていい、ただここに存在しているだけでいいと思うようになりました。

 

もっとお金を儲けないといけないとか、周りの人に幸せだと思われないといけないとか、もうそんなことは必要ないんですよね。

ただ存在している、ただ生きているということ以上に大切なことなんてないのかもしれません。

 

もちろん人間なので色んな欲もあります。

美味しいものを食べたいし、もっと旅行にも行きたいし、やっぱりお金も欲しいです。

でも欲求が過剰になると自分自身が何も持っていない人間だという錯覚を起こしてしまいます。

今目の前にあるものを大事にしていきたいものですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

にほんブログ村