自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

洋服選びを通じて大切なことを再確認した

ここ数か月間ずっと悩んでいた洋服問題が先ほど解決しました。

当時の記事は下記です。

benign-sky.hatenadiary.jp

洋服を買い換えたいとずっと思っていて今日ようやくGUで購入することができました。

と言っても一着だけしか買っていないのですが、自分的には前進したと感じています。

 

でも先週はかなり迷走していました。

まず勇気を出して初めてのショップに入ってみました。

店員さんが「良かったら試着してみて下さいね」と声をかけてくれました。

でも30分くらい見ていてもどういう洋服が欲しいのか分からなくて、そんな時店員さんに「だいぶ悩まれてますね」と言われて、長い時間店内に居たら迷惑なのかと思ってしまい逃げるように店を出ました。

後味が悪くなりましたが、そのショップは私には合っていなかったのだと後で分かりました。

 

又、OL時代によく行っていたショップで一着3,500円くらいのシャツを買ったのですが、家に帰って冷静に考えてみると違和感を感じ始めました。

私が行く所といえば地元のカフェかスーパーか図書館くらいで、3,500円もする服をどこに着て行きたいんだろうと思ったんです。

そしてやっぱり違うなと思って返品しました。

 

安物の服を着る自分を大切にしていないのかもしれない、とか。

でも高価な服が果たして必要なのか、とか。

買わなくても手持ちの物で何とかできないものか、とか。

もう考えれば考えるほど訳が分からなくなりました。

 

そもそもOL時代は洋服が好きだと思い込んでいました。

綺麗な服装をすると気分も上がりますし。

でも今思うと現状の辛さから目を逸らせたくて、買物をすることで現実逃避していたような気がします。

 

今回洋服を買おうとしてなかなか買えない状況が続いて「今は収入が無くて、お金が勿体なく感じるから洋服が買えないのか」とお金のせいにしていました。

でもお金の問題じゃなくて自分にはどんな洋服が必要なのか分かっていなかったのです。

根本的に自分自身の望んでいることが分からなかったんですね。

洋服のことだけではなくて、そもそもどういう生き方がしたいかというのがブレまくっていた気がします。

 

現在、私にとって洋服が大切かどうか自問してみるともうそんなに重要ではないんですよね。

もっと大事なことがあることに気づきました。

それは自分のやりたいことの実現だったり、家族の存在だったり。

 

今後は洋服選びにあまり時間とお金をかけず、自分にとってもっと大切なことに自己資源を費やしていこうと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク