自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

空虚さを感じる中で気づいたこと

四月に派遣の仕事を辞めてから二ヶ月近くが経ちました。

辞めてすぐの時期は望んでいた自由が手に入ったと思って嬉しくて仕方がなかったです。

やりたいと思っていたこと、例えば旅行に行ったり、サッカーの試合を観まくったり、本を読みまくったり、カフェでのんびり過ごすことなどをやり尽くしました。

 

もちろんすごく楽しいのです。

でも、ただ「楽しいだけ」なんですよね。

楽しければそれでいいというのは分かっています。

これ以上何かを求めるのは贅沢だとも思いました。

 

ですが、この楽しいと感じる気持ちはその瞬間だけであって長く続かないのです。

サッカーのスタジアムに居る時、カフェに居る時、本を読んでいる時。

趣味に興じている時間は確かに楽しいのです。

でも本を読み終わったら「さて次は何をしようか」と思うのです。

いつしか時間を消費している感覚に陥りました。

必死に暇を感じないように楽しいことを探してやり続けるといったような。

 

せっかく自由な時間を得たのにこの空虚な気持ちは何なんだろうと考えました。

無いものねだりで現状に満足できないだけなのかとも思いました。

 

でもよく考えてみると、私が求めていたものは充実感なのだと分かりました。

何をしている時に充実感を得られるかというのを更に考えました。

それは私自身が心から楽しんでいる状態で人に喜んでもらえることです。

 

現在の生活では、親と買物に行ったり家の掃除をすると喜んでもらえます。

もちろん私自身も家の用事を楽しみながらやっています。

体調を崩している時や苛立っている時に無理に用事をしようとすると不満が出てきます。

面倒だなと思ったら一旦は何もやらない方がいいのかもしれません。

 

親に喜んでもらえるだけで充分なのですが、できたら社会の中でも何かやりたいなと思い始めています。

今まで学校に通わせてもらって、色々な会社で働かせてもらって、親切な方々と出会って。

でも気の合わない人の方が多かったです。

団体や組織の中での生き辛さも感じていました。

ただしんどいことからの方が学ぶことが多かったのも事実です。

辛くて落ち込んでいた時に何かを学ぼうなんて余裕は持てなかったですけどね。

 

やっぱり現在私が生きていられるのは自分一人の力ではないと思います。

色んな人に恩返しがしたいと感じています。

まだ漠然と頭の中で思い描いているだけなのですが。

 

でも何かをやろうとしてもスムーズに上手くいくことはないと分かっていて、それでも諦めることだけはしたくないです。

まあ無理しない程度に頑張ります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク