自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

自分に対して不信感があったのだと気づいた

何と明日で今年が半分終わるということで月日が経つのって驚くほど早いですね。

前半戦は濃い六ヶ月間でした。

 

四月の終わりごろから無職生活に突入して早二ヶ月、ひたすら自身の心の声に耳を傾ける期間だと考えていましたが、二つのキャラが喧嘩していて収拾がつかずに混乱していました。

「お金が減っていく一方なんだから早くアルバイトをしなさいよ」と言うAキャラと「今は自分とじっくり向き合う時なんだから、働いて時間が無くなったらまたうやむやになるよ」と言うBキャラが、ひたすらせめぎ合っていました。

 

結局Bキャラの言う通りにしてきてとりあえず良かったと思っています。

でも毎日ウェブサイトで求人情報は見てますけどね・・・。

先日もハローワークの求人に応募しそうになってBキャラに思い留まらせてもらいました。

 

それにしても今までの約40年間ひたすら「自分さえ我慢すればいい」という考えの下で生きてきたので、急に好きなことをやろうとしても戸惑いますね。

元々の性格が引っ込み思案で自己評価が低かったので今さら変われないのかもしれません。

まあ変わらなくてもいいんですけど、自分が望む通りに素直に行動したいんですがそもそも何を望んでいるのか具体的に見えてこなくて。

漠然とは分かっているんですけど、どう実行していいのか迷っているというか。

 

そこで無理に心の声を聞こうとしても何も聞こえてこないことが分かりました。

自分に対して心を開けていないんですよね。

自分に対しての不信感がまだ拭えていないのです。

「どうせまた私に我慢させるんでしょ」というように信用されていないんですよね。

 

だったら、まずはひたすら自分に優しく接してみるのがいいのかなと思いました。

イライラしたり落ち込んでいる自分を責めたりダメ出ししない、ということですね。

そして機嫌がいい時は自分を過剰に褒めるという感じですかね。

 

自分に対して優しくて受け入れてくれる人には心を開けますものね。

反対に「こうしなさい、ああしなさい、それはダメ」という人は遠ざけたくなります。

 

というか、この記事を書いている最中に「あ、自分自身に対して不信感があったんだ」と初めて気づきました。

 

そういうわけで今年の後半戦は「自分に優しくする」という目標ができました。

頑張ります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク