自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

お金には代えられないものがある

最近、父の調子が良くなくて家の中で歩いている時に立ち止まることがたまにあります。

その際は私が体を強く支えると再び歩き出せます。

 

家の中で父の体を支えられるのは私しかいません。

おそらく梅雨の時期で少し体調を崩しているだけだと思うのですが。

しばらくはサッカー観戦の為の泊まりの遠征は控えるつもりでいます。

 

でもこの状況を悲観していません。

家のパソコンでサッカーを視聴する環境は整えたので、畳に寝転がってお菓子を食べながら見られる気楽さもあります。

それに家の居心地を良くしようと取り組んでいる最中なので旅行に行きたいという願望は強くありません。

 

薄々こういう日がくるような気はしていました。

ですので昨年仕事を辞めてから九回もサッカー観戦できましたし悔いもありません。

そう考えると本当にセミリタイアして心から良かったと思います。

あのまま仕事を続けていても、土日にサッカーを観に行って平日五日間働いて・・・というのは体力的に無理でしたから。

それに仕事が忙しくて有休をとれる状況でもありませんでした。

 

やっぱりやりたいと思ったことはすぐにやった方がいいですね。

もちろんお金の面でセミリタイアに関しては相当な不安がありましたが、お金ではどうにもならない介護という現実に直面してみると、したいことを先延ばしにすると永遠にできなくなるかもしれないリスクを感じます。

もちろん、お金があれば介護施設に入所できますけど。

自分だったら住み慣れた家に居たいと思いますし。

親と一緒に過ごせる時間には限りがあるからこそ今を大切にしたいです。

 

日々歳を重ねて行く親の傍に居ると、人間にはいつか必ず終わりがくるんだなと痛感します。

もちろん長生きしてもらいたいですし寿命は分かりませんけど。

それにまだ30代の私もいつまで生きていられるかなんて全く分かりません。

 

仕事を辞めてから親の有難みと時間の貴重さが身に染みるほど分かりました。

産んでもらって育ててもらったからこそ、サッカーを観て感動して泣いたり大好きな選手にサインをもらえて心の底から喜ぶことができました。

今一応親に恩返しができている気がしますが、それはただの私の思い上がりかもしれません。

 

綺麗事かもしれませんが、お金以上に大切な物はあると思います。

パラサイトシングルをしている状況なのでお金の大切さを分かっていないだけかもしれませんが。

人の存在の大きさというのはお金には代えられません。

 

明日もまたサッカーの試合があります。

ウェブサイトの先発選手の予想などを見ながら今からワクワクしています。

自分の生活を充実させて介護も楽しみたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク