自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

生き急ぐことから距離を置くことの難しさ

最近は平日のお昼過ぎでも子供たちが街中を歩いていて、もうすぐ夏休みであることに気づきました。

私の生活は毎日が夏休みのようなものですが、いずれはこの日々が終わることを認識しています。

いつかは週に何日かは働きに行かないといけない気がしています。

だからこそ今が貴重であると感じていて、沢山のことをこなさないといけない気持ちになって焦っているのです。

 

なぜか仕事を辞めてからの方が時間が足りないと思ってしまうというおかしな現象に陥っています。

おそらく自分にやるべきことを多く課し過ぎていて、しかもそれを早くこなそうとしていました。

 

当ブログの記事を書き溜める、カスタマイズをするという目標を立てているのですが全く出来ていません。

それと身の回りの物を好きな物に買い替えたいと思っているのですが、そもそもお金を使う勇気が全然出なくて躊躇しまくっています。

断捨離も途中までやって今は放置状態です。

 

とにかく一旦リセットして、ゆっくり時間をかけていくことにしました。

どうも家の用事をしている時間が長くて趣味にエネルギーを注げないというジレンマを感じていました。

でも今は家のことを優先する時期だと思っているので焦らないということを一番の目標にするようにしました。

 

ただ長年働いてきたからこその考え方のクセなのか、自分が家のことをしていてもお金が発生しないという状況にもどかしい気持ちになることがあります。

 

例えば、私が働いていた時は両親は病院へ行くのに介護タクシーを利用していました。

でも今は私が車を運転して送迎しています。

お金の面だけで考えると、私がアルバイトをして両親は介護タクシーを利用した方がプラスになるんですよね。

それは分かっているんですけど一緒に過ごせるのは今しかないという思いがあります。

 

 

両親も私も長生きするかもしれなくて、お金が大切だというのは重々承知しています。

やっぱり常に葛藤はあります。

でも、いつまで生きるか分からないからこそ結局は今一番大切にしている気持ちを信じるしかないと思っています。

 

どうしても今までの習慣で生き急いだりお金に換算したりしてしまいますが、焦らずに自分のペースでやっていくことを心がけたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク