自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

他人をジャッジしないようにしている

日々スーパーへ行ったり、図書館へ行ったり、銀行へ行ったりして様々な人たちとすれ違います。

いつも思うのが皆それぞれ懸命に生きているんだなということです。

 

そんなことは当たり前なんですが。

数か月前まではそういうことを考える余裕はありませんでした。

他人に対して敵対心を持っていたというか、自分に関係ない人に対しても腹を立てていました。

図書館の閲覧室で大声で話している人とか、スーパーで店員さんにクレームを言っている人とか。

 

最近そういう人に出くわしても自分の基準にあてはめてジャッジをしないようにしています。

私は公共の場では騒がないことが正しいと感じていますが、世の中の人全員がそう思っているわけではありません。

何でもかんでも自分が正義だと思うことを止めました。

 

人に迷惑をかけることを肯定しているわけではないのですが、自分に関係ない人にまで怒っていると負の感情が心の大半を占めてしまって疲れるのです。

 

結局、世の中には色んな人がいて私と似たような考えを持っている人の方が少ないのかもしれません。

でも様々な価値観がないと社会が成り立っていかないのも事実です。

老若男女、学生、主婦や主夫の方、求職中の方、働いている方、働いていない方。

それぞれが置かれた場所で生きていて、多種多様の思いを抱えながら日々を過ごしていて。

 

意識的か無意識か分かりませんが他人を嫌な気持ちにさせる人だっています。

感情を抑えられないのだと推測しますが。

私も知らない間に人を傷つけたこともあったので偉そうには言えません。

結局、自覚がないと直せないんですよね。

全員が聖人君子ではないのでそれはもう仕方が無くて、そういう人には可能な限り近づかないという方法しか思いつかないのですが。

 

ただ、やっと人って千差万別なんだなと分かってきて自分の敵ばかりじゃないと思えてきて。

なぜそういう気持ちになったかというと、人の笑顔に触れる機会が多くなってきたからだと考えています。

今日もカフェの常連さんと少し会話をしていてそれが凄く楽しかったんです。

それと私の住んでいる集合住宅をいつも掃除してくれている方と笑顔で挨拶をしたり。

スーパーで買物カゴを回収してくれたおじさんにお礼を言ったり。

 

本当に何気ないことに喜びを感じます。

こういう気持ちになれたのも心と時間に少しだけ余裕が出てきたからかなと思います。

ただ相変わらずお金の余裕は無いのでそこは引き続きの課題ではあるのですが。

 

でもやっぱり自分自身が苛立っている時は他人に対して腹立たしい気持ちにもなりますし、心が穏やかな時間を長く保ちたいと思いますがなかなか難しいですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク