自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

なぜセミリタイア出来たのか忘れていた

先月は両親と関わる時間が多くなって色々と考えさせられる日々でした。

実家に住まわせてもらっているものの、なるべく両親とは適度な距離をとりたいなと思いました。

 

一緒に買物に行ったり家事を手伝うことは今まで通りやっていきますが、無理をして頑張りすぎるのは良くないと分かりました。

今まで父の通院には私が車を運転して付き添っていたのですが、今後は介護タクシーをお願いすることにしました。

なるべく色んな方の力を借りて自分一人で背負い込まないようにした方がいいと感じました。

 

昨日も午前中は母と買物に行きましたが、午後は一人でカフェに行って寛いでいました。

静かにボーっと過ごしていると心からホッとして、一日に一回は必ず一人で出かける時間を設けないといけないと思いました。

もちろん母と買物に行くのも楽しんでいます。

いつもお菓子を買ってもらえるという幼い子供みたいな理由ですが、買物が義務になるとマイナスな気持ちしか持てなくなるので。

 

やっぱり私自身が感じる実家暮らしの最大の利点は生活費がかからないことです。

その利点を生かしてたまにアルバイトをするくらいでお小遣いは得られますし、趣味に没頭したり旅行に行ったりする時間もあります。

私が家に居ることで電球の交換をするとか重い荷物を持つなど、家の用事をすることで両親も喜んでくれていると思います。(たぶん)

持ちつ持たれつという感じですかね。

 

なるべく、どんなことも良い点に目を向けたいものです。

つい悪いことにばかり気をとられてしまうのは昔からのクセなんですけど。

 

結局、少額の資産でセミリタイアできたのは実家暮らしで支出が少なかったというのが要因です。

それを最近忘れていまして「お金がかかってもいいから一人暮らしをしたい」などと思ってましたが、一人暮らしをすると今のように短期バイトでのんびり働くということは難しくなる気がします。

「このままフルタイムで働き続けるか、実家に住み続けるか」

二年前に自分自身に上記の二択を迫って実家に住むことを選びました。

つまるところ、当時はフルタイムで働いている状態で実家に住み続けることに限界を感じていたんです。

 

どうも自分にとって大事なことをすぐに忘れてしまいます。

日々の雑事に追われて流されているからなんでしょうけど。

こうやってブログに書くことで思い出せるので自分の気持ちを整理できる場があって良かったです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク