自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

人からの影響を最小限にする方法を考えてみた

最近アルバイトを始めて改めて働くことについて考えています。

何らかの形で収入源を確保する必要があるのですが、手っ取り早いのが働きに出ることなんですよね。

ただ、今まで働くことに対してネガティブな感情があって躊躇していました。

 

数ヶ月前まで約五ヶ月の派遣で働いたのですが、それでも長く感じていました。

そして現在一ヶ月短期の派遣で働いていて、これが精神的にすごくラクなんです。

 

ただ、仕事はやっぱり疲れます。

三人一組のチームになって行う業務なのですが、改めて人と協力して進める仕事は向いていないと感じます。

本当は一人でモクモクと行うデータ入力のような仕事を希望していたのですが、職種選択を失敗しました。

同じ日に働き始めた人と一緒のチームなのですが、その人が仕事に積極的なので私はやることがなくてボーッとしています。

一応やることは探していますが基本暇な仕事なので。

でもボーッとしていても「今月末には終わるし」と考えると気分がラクなんです。

お昼ご飯の時間は楽しいですし、お給料が貰えるのでいいかなと思っています。

 

長い期間、おそらく私の場合は二ヶ月以上同じ職場にいると仕事との距離感が保てなくなる気がします。

無意識に職場の人や仕事に深く関わろうとしてしまうんです。

関わりたくないのに影響を受けてしまって、だから疲れるのだと思います。

 

ですので二ヶ月以内の短期バイトだと早々に契約期間満了になるので「私は一時的なお手伝いの立場だ」と思えて距離を置けるんです。

つまるところ、一つの場所に長く居ると自分が望んでいなくてもその場に染まってしまうんですよね。

 

「仕事はお金を得るためにしていること」と割り切ることが出来ればいいのですが、それが出来ません。

今までに何度も割り切ろうとしてきましたが、どうしても無理でそんな自分を責めていました。

でも割り切ることは出来ないんだから、その前提で自分に合った働き方を探せばいいんですよね。

 

それが二ヶ月以内の短期で出来れば週三日、多くても週四日労働という結論に現段階では至りました。

週五日勤務だと疲れすぎて体力がもたないので。

 

これまでずっと同じ場所に居ると飽きるからダメなのだと思っていたのですが「影響を受けて疲れていた」ということが分かりました。

旅行が好きですぐにどこかに行きたくなるのも、受けた影響から解放されて一人になって本来の自分を取り戻したいからなんですよね。

 

身軽でいたいのに無意識に重たい荷物を背負ってしまうので、荷物を降ろせる場所に定期的に身を置く必要性があると感じました。

ですので来月こそは旅に出ようと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク