自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

不自由な状態から気づくこと

先日、派遣会社の登録会に行ってきました。

いつも思うのですが派遣会社のオフィスって綺麗なところが多いんですよね。

色んな会社に行けるので結構楽しいです。

 

今月末で今の短期派遣の仕事は契約満了になります。

でも来月からはまた別の職場で働くつもりでいます。

 

週三日とはいえ約二ヶ月間働いた分のお給料は入りますし、月間の出費は平均して五千円くらいなのでしばらくは働かなくても大丈夫です。

しかも昨年から始めた株式投資では少し利益が出せるようになりました。

と言っても保持している個別銘柄の含み損がありますので純粋な利益ではないかもしれませんが、配当と株主優待狙いなのであまり気にしていません。

 

とりあえず数ヶ月間は働かなくていいのに働こうとするのには理由があります。 

 

雇われて働く、職場で上司や同僚と接する、様々な制約に直面する、理不尽だと感じることが多々ある、一日八時間(休憩時間を含めたら九時間)ずっと職場に居なければならない。

正直、雇われて働くということは不自由なことのオンパレードです。

なるべく働かずに、又は働く時間を最小限にした方がラクで楽しいです。

 

今日は休みだったので母とスーパーに買物に行ったり、図書館に行ったり、家で掃除をしたりして楽しんでいました。

本当に心穏やかでのんびりしていて、在職中はこういう生活を理想としていました。

 

ただ、働いて不自由な状態に身を置くことによって様々な気づきがあることが分かりました。

職場で同僚と雑談していて気づいたこと、周りの人の持ち物や行動を観察していて発見したこと、自分は何が得意で何がストレスになるのか、どうすればストレスが軽減できるのかなど色々なことを考えています。

 

日々新たな発見があるんです。

それがとても興味深いんですよね。

 

でもあまりにもストレスの多い職場だとこんなに冷静に考えることはできません。

あくまで許容できる適度なストレスの範囲内だからこそ若干余裕があるのだと思います。

もちろん一日八時間ずっとパソコンの前に座ってひたすら入力作業をするのはしんどいです。

それでも体力的にはかなり疲れていても心の疲れはそんなに大きくないと感じています。(以前の仕事に比べて)

 

ただ、働かなくても色んな場所に出掛けて行って新たな気づきを得るという方法もあります。

又、ネット上で様々な方と交流して楽しんだり色んな発見をするということもあります。

でも私の場合はそんなに金銭的な余裕があるわけではないので、働いてお金を貰いつつ学びの機会を得られるというのは一石二鳥だと考えています。

 

これからも色んな求人情報を眺めながら自分に合った仕事を見つけていきたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク