自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

既婚と独身の狭間で

先日、前のバイト先で仲良くしてもらっていた年上の女性二人とランチに行ってきました。

何と三千円のホテルランチです。

本当にどの料理も美味しくて大満足でした。

普段できない体験をさせてもらって新鮮でした。

 

年上の女性二人はどちらも子持ちの主婦の方です。

数年前は独身の友人としか交流していませんでしたが、さすがにアラフォーともなると周りで独身の人を探す方が難しくなってきました。

正直、独身子無しの私と話が合うのかなと思っていましたが。

 

知らない未知の世界の話を聞くのは興味深いと感じました。

私の幼い頃とは違う、今の小学生の特性とか大学受験の実情とか。

現代はインターネット社会なので、息子さんがYouYubeやニコニコ動画ばかり見ていると嘆いておられました。

旦那さんの話を聞いていても息子より子供っぽくて困ると言っておられて。

 

それと子供のスケジュールに合わせて家に帰らないといけなくて時間的制約があるんですよね。

だから子供の部活の日に派遣の仕事を週三日入れることで調整しているそうです。

私自身も介護をするようになってからは主婦の方と同じような制約を感じるようになって共感できるようになりました。

 

私も主婦の方たちも制約が負担になっているわけではなくそれは自分の役割だと思えているのも共通点です。

「介護が、子育てがしんどい」ではなくて誰かの為に頑張ることで自分の存在意義を感じられているというか。

不満にばかり目を向けるのではなく良い面を意識した方が単純に心穏やかでいられますしね。

 

それと以前は既婚の方に対する引け目みたいなものを感じていて羨ましかったのですが今は全くそういう感情がないのです。

理由はやっぱり私自身が日々楽しく過ごせているからだと思います。

焦燥感や不満が少なくなってきて人に対して劣等感を感じなくなったというか。

 

結局のところ何が何でも自分の心地良さを最優先しないと、どんなことに対しても、家族関係、友人関係、趣味、仕事などを楽しめないのかなと考えています。

人の為に自分が犠牲になるというのは止めた方がいいと感じます。

 

また日程を調整してランチに行こうという約束をしました。

次はどんなレストランに行けるのか楽しみです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク