自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

人それぞれ価値観は異なるということ

今日は朝からパン屋さんのイートインスペースでコーヒーと焼きたてのパンを頂いていました。

パンを二個購入したらコーヒーを一杯無料サービスしてくれるので有難いです。

 

50代くらいの夫婦で来られているお客さんが居て会話が聞こえてきました。

「仕事がしんどい。月末月初ですごく忙しい。ゴールデンウイーク中も出勤しないといけないし」

と旦那さんの方が愚痴をこぼされていました。

まだゴールデンウイークが始まったばかりだというのに元気のない声で疲れ切っている印象でした。

 

今の派遣の職場も社員の方は皆時間に追われていて常に忙しいオーラを発しています。

表情を見ていてもかなり疲弊しておられます。

そもそも短期派遣は繁忙期に採用されることが多いので必然的に多忙な状態に遭遇することになります。

色んな職場に行きましたが、どこも同じような感じですよね。

でも私は派遣の立場なので「大変そうだな」と客観的な視点で見ていますが。

 

まあ嫌なら辞めればいいなんて簡単に言えないですしね。

人それぞれ立場が違いますし背負っているものの大きさも異なります。

皆がセミリタイアできるわけではないんですよね。

 

結局は自分自身で判断するしかないのだと思いますが。

「自分がどうしたいか」という観点で考えるのが一番ですね。

でも家族や周りの人の目が気になるということもありますし、自分だけの希望で大きな決断を下すのは難しいです。

 

改めて思うのは、世の中には沢山の人がいて一人一人に個性があって考え方が違うということです。

自分と似ていて共感することが多い人でも全てが同じというわけではないですし。

ただ、人それぞれ異なるということは興味深いなと思います。

皆が同じだと世の中が画一的になって面白くないですし。

違いを楽しむことが出来ればいいんですけどね。

でも人間ですから感情がありますし、理解できない言動に遭遇すると戸惑いますし。

 

「何が正しくて何が間違っているのか」というのも自分の中に基準はあっても人とは微妙に異なります。

法を犯すとか決められたルールを破るというのは明確に間違っていますけど、多くの人が「これはやってはいけない」と思う暗黙の了解があっても、その暗黙の基準が難しかったりもします。

 

でも年を重ねるごとに少しずつ人との違いを許容できるようになってきたような気がします。

もちろん簡単じゃないですけど。

様々な価値観に触れつつ、でもやっぱり自分の軸はブレないようにしたいですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク